やらない理由

終わらせたくはないが、続けるのは嫌【No.51】

「あぁ、いつまで続けるんだろう」と絶望しながらも、後回しにしていることはないでしょうか。例えば、仕事(こんなに辛いのにこの先も続けることが本当に正しい?)、人付き合い(苦手だけどこの人とつるんどいたほうがいいかも?)、習い事(月謝だけ払い続けてるけどまたいつか通うかも?)など。今回はそんなジレンマをカレー沢先生が撃退してくださいました。書籍『やらない理由』も好評発売中!(電子版もございます!)

今回のテーマは「終わらせたくはないが、続けるのは嫌」だ。

何を隠そう、このコラムが次回で最終回だ。

作家というのは「終わり時を自分で決められない」ということがままある。プロ野球選手だって引退を自分で決められる選手の方が少なく、多くが戦力外通告を受けた後、幼い子供と身重の妻を抱えて年末テレビになんか出た末、結局引退したりしているのである。逆にいうと幼い子供と身重の妻がいなければ、テレビにさえ出ず、ひっそりプロ野球人生に幕を閉じているのだ。

作家だって、どれだけ続きが書きたかろうが、出版社とかに終われと言われたら終わらざるを得ない。もちろん続きが描きたければ個人的に描けばいいので最低9人必要な野球よりは恵まれているが、そこまで気力があるかは別である。

よって「続けさせてもらえる」というのはそれだけで幸運なのだ。だがその続けさせてもらえる事ですら、うぜえ時がある。

会社勤めなどその典型である。ここで継続して賃金を稼いで良いと言われているにも関わらず、死ぬほど行きたくない。毎日辞めたいと思っているし、自分に給料を与えてくれる施設の爆発を心から祈ってすらいるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

何かに絶望したとき、きっとこの本が力になる!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

st_saki 人生の中で辞める練習をしてこなかったから大便死守侍になってしまったでござる 7ヶ月前 replyretweetfavorite

chitei_kaiju 次回で最終回…。 としんみりしていたところに突如現れる「大便死守侍」。最高です。 客観的に自分の状況を見ることの大切さを説いている、カレー沢先生の良いコラムです。 https://t.co/huF7CyagRb 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ke_na_fu 抜き身の刀を最後までしまうことはなかったな。お疲れさまでした。 | 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ak1s1i6me ニートへの不安がよぎっていたけど、それでもクソ守って生きたくはないと思えた 7ヶ月前 replyretweetfavorite