​目標はたどり着くまでが幸せ

結婚してお店が軌道に乗り、マンションを買って、お子さんは大学を卒業。絵に描いたような幸せを実現できたbar bossa店主・林伸次さん。でも、なんだか停滞感を感じ、「このままではダメになる」と感じたんだそうです。そんな状況を脱するために、林さんは新たな目標を立てました。

人は目標がないと楽しめない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ノーベル賞も受賞した生物学者の利根川進が、「目標があってそこに向かっているときに人はハッピーな気持ちになれる。目標にたどり着くとハッピーな気持ちはなくなってしまう」というようなことを言ってました。それ、本当にわかりますよね。

恋愛も最初のデートや告白やキスなんかが一番楽しいし、あれだけ「会いたい会いたい」と思っていたのに、いざ一緒に暮らすことになって、ずっと会っている状態になってしまうと、日常になってしまいます。マリッジ・ブルーももしかして「たどり着いたからこそハッピーじゃなくなった」という、その言葉通りの現象なのかもしれないですね。

生まれつき実家が大地主だったり、家賃収入がたくさんあるビルを所有していたりする人、あなたの周りにいますか? なんとなくですが、みんながみんなそれで幸せという感じはしません。あれ、色んな理由があると思うのですが、たぶん一つの理由として、「目標がない」というのがある気がしています。

僕は飲食店をやっているのでこんな例も聞きます。観光地で地方の名物料理を出すお店などでよく見かけるのですが、「そこそこ入っているのに店の人がそんなに楽しそうじゃない」というパターンがあるんです。そういうお店って、もうメニューが決まっていて、来店するお客さまもそのお店にわざわざ来た訳じゃなくて、でも忙しくて、ただ目の前の作業を機械的にこなすだけだから、そんなに楽しくないんですね。

それよりも、「お客さん来ないなあ。どうすれば良いのかなあ。ライブとかイベントとかやろうかなあ。メニューをおもいきって新しくしようかなあ」なんて考えて「目標の売り上げ」を目指しているお店の人の方が楽しそうなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 目標はたどり着くまでが幸せ|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

masuyoh ④以外は私も当てはまることでした!目標の更新大事。 目標はたどり着くまでが幸せ|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

restart20141201 "一緒に目標を立ててみませんか?" 約1年前 replyretweetfavorite

sastrai_112 目標はたどり着くまでが幸せ|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite