他人に身体をさわられるということ

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回は年を重ねてからの「肌の触れあい」についてです。年齢を経るごとにセックスの回数は減っていくものですが、意外な場所で女性性を高めている人もいるようです。

私の愛読する漫画のひとつに、「黄昏流星群」がある。弘兼憲史氏の名著で、人生の黄昏時を迎えた人々の恋愛物語だ。漫画とはいえ変に華美にせず、老体のしわやたるみがリアルに描写されている。ビジュアル的には美しいといえない身体と、身体のからみを、弘兼憲史氏は大胆に描いているのだ。

まだ枯れてはいない欲を、これでもかと言わんばかりに読者に見せつける。むきだしの身体よりも、むきだしの欲が美しいのだと私は感じ入り落涙し、流石だ、と唸ったり、恍惚のため息をついたりする。私も年をとったものよのう。

年を重ねるごとにセックスの回数は減ってくる

巣鴨のラブホテルで流れているのは老人同士のAVらしいのだが(それ以外もあるだろうけれど)、一般的に、年を重ねるごとにセックスの回数は減ってくる。老人と言わずとも、「もうさ、手をつなぐくらいでお腹いっぱい」という30代や40代だっている。その背景には「仕事や子育てで疲れて、セックスするのが面倒」という疲労系と、「わざわざ結合しなくても、添い寝とか、くっついているだけで和む」という悟り系がいる。

昨今は、決してセックス嫌いではないのだが、別に性器をこすり合わせなくても手と手だけで愛情確認はできるじゃん、という悟り系というか近未来系、テレパシーで感じるよね、みたいな「セックスだってスピリチュアルがオシャレ」な人々が増えているように思う。

以前も書かせていただいたが、やはりふれあいや肌と肌の相性というのは大切だ。それがセックスに結びつかなくても、例えば美容院などで、異性の美容師の指が首筋に軽くふれただけでキュンとしたり、あるいはゾッとしたりする経験は誰しもがあるだろう。なので、とりわけ女性は、好みの男性によりそい、いつでもふれたりふれられたりの距離を保つのが最高のアンチエイジングなのではないか。まあ、犬とか猫とかペットでもいいけれど、性的高揚とは別物なので今回は却下する。

整体院で裸になる人

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

washiemon https://t.co/MY3sbMM0Ue 整体の施術中に裸になる人はあきらかにセクハラをしていると思うし、「整体師に『指で口説かれる』ていう発想もおかしい。 これって「クソ客」の思考やん。 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite