外食チェーン全格付け!

#23 わくわく感を失った大手のジレンマ すかいらーくの栄枯盛衰

外食産業の歴史をたどると、その黎明期を支えたのがファミレスだ。中でもすかいらーくは“御三家”の一角として市場を切り開いてきた。そのすかいらーくがジレンマを抱えている。

 「今でしたら300円での買い取りになります。もっと前だったら400円でも買い取っていましたけど、もう物が出回り過ぎているんですよ」

 都内のある金券ショップの店員はぶっきらぼうに言い放った。本誌記者が持ち込んだのは、すかいらーくの500円分の株主優待券。店舗での割引に使える外食企業の優待券は、株主以外からの人気も高く、金券ショップなどを通じて広く市場に流通している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
外食チェーン全格付け!

週刊ダイヤモンド

外食チェーンはあの手この手で“胃袋”を奪い合っている。せっかく店でおなかを満たすなら、料理と共にそのビジネスモデルまで味わい尽くしたくはないか。顧客満足率、経営力、従業員満足度で各チェーンを格付けし、ビジネスモデルを解説する“グルメガ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません