ザ・スクエア 思いやりの聖域」映画監督が語った、人と人のあいだの「ズレ」について

カンヌのパルムドール獲得作品『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の監督リューベン・オストルンド。彼が映画を通して模索する「人間らしさ」の美学とは?
美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さんが、その「美しさ」を探ります。

美をさがすのが生業である。

こんな美をみつけた。

スウェーデンの映画監督がカンヌのパルムドール獲得作品で見せた、人と人のあいだにどうしようもなく生じるズレと思いやりに関する美学。

カタルシスじゃない。珍しくモヤモヤが募る映画

 人と人が接すれば、決まって角が立ったり流されたり、窮屈に感じたりとズレができるもの。生じてしまった差異は、歩み寄りや思いやり、ちょっとした気持ちのゆとりでしか直せない。

 昨今じゃ、この溝を埋める営みをさぼる人が多くないか? ズレが重なると、とてつもなく大きな断層ができてしまう。そうならないために、何ができる?

 そのあたりのことを、かなりシニカルな態度で抉り出していくのが、映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』。昨年の第70回カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した作品だ。

 権威ある美術館の名物キュレーター・クリスティアンが、新たな展示企画として準備したのが、「ザ・スクエア 思いやりの聖域」なる作品だった。

 地面に正方形が描かれている。ひとたび内側に入ったら、すべての人は公平に扱われる。そこはまさに「思いやりの聖域」。

 この作品は現代人が差別、格差、エゴを考える直す機運になる。クリスティアンは意気込むが、出鼻をくじかれた。過激な宣伝手法が裏目に出て、非難を浴びたのだ。作品も彼の生活も、思いがけぬズレを生じさせていき、その連鎖が止まらなくなっていく……。

 監督リューベン・オストルンドが、アート界を舞台にして「人間らしさとは?」を鋭く問う作品。日本公開が始まっていて世評も高い。

 が、これを観に行くときにはちょっとした注意が必要だ。身につまされる失敗や感情の行き違いが続々と出てきて、主人公クリスティアンと同じように、観る側にもモヤモヤが蓄積されていく。監督は、どうやらそれらを都合よく回収してくれるようなつもりもなさそうで、観終えたあとに爽快感が残るとは決して言えないのである。

「美の問題をさらに掘り下げたい」と監督は言う
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pxv_kedama あとで読む!次回作も楽しみ 10ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite

nonchan_hg |山内宏泰 @reading_photo |美をさがすのが人生で唯一の目的である | cakes https://t.co/WkglP0rjaa 10ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 監督の優しい表情からは想像できない映画なのでしょうか。 10ヶ月前 replyretweetfavorite