やらない理由

若々しく見られたいが、なめられるのは嫌【No.50】

祝・連載50回! 今回は男女とも、アラサーからアラフィフにかけてとくに感じるジレンマがテーマです。加齢は敵か、味方か。若く見られるほうが得か、損か。カレー沢先生が見事な解決法を編み出してくださいました。書籍『やらない理由』も好評発売中!(電子版もございます!)

今回のテーマは「若々しく見られたいが、なめられるのは嫌」だ。

アンチエイジングという言葉がある。ただ加齢を抑えるなどという軽い意味ではない。何せ「アンチ」だ「さてはアンチだなオメー」だ。アンチというのは「貴様の言動は全て許さん」という人だ。坊主憎けりゃ寺ごと燃やして、どんなに良い事を言っても「口が臭えよ」と言ってくる人たちである。

中には、悪口を言うためだけに、アンチ対象を半端なファン以上に知り尽くすという「逆にありがとうございます」と言いそうにもなるが「やっぱコエーよ」という存在である。

つまり現在日本では、狂気を孕んだ憎しみ規模で加齢を拒んでいるということであり、30を越え出したら、実年齢を言った時「えー見えない!」と言われることに、命をかけろという世界である。

「若く見える」というのは確かに褒め言葉であり、老けて見えるよりはいい。だが、気を付けなくてはいけないのは「若く見える」=「美しい」という意味ではないということだ。

むしろ「健康そう」「元気」という、褒めどころが一切見当たらない、微妙な知り合いの子どもに発せられる言葉と同じ意味である場合が多い。しかし、90代ぐらいになればどう考えても、美しさより健康や元気の方が重要になってくる。やはり良い事には違いないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読むほどにクセになる!引っ越し先にも連れてく本

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chitei_kaiju >「若く見える」=「美しい」という意味ではないということだ。 こちらの一文に深く頷くのであった。 https://t.co/tKb6gE0tNO 1年以上前 replyretweetfavorite

rosia29  中身が小3なのに見た目に貫禄が出ても困る 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

seiyoumitubati うむ…年相応に見られたかったけど…蝶々おっかける方がむいてる← 1年以上前 replyretweetfavorite