​男が女に声をかけるのは難しい

「ナンパ」といえば男性が女性に声をかけること。女性側から声を掛けると「逆ナン」と逆がついてしまうくらい、まず男性から声をかけるのが一般的です。しかし、女性側から声をかけるのに比べ、男性から声をかけるのはそう簡単ではありません。相手を警戒させないためにはどのようにすればいいのでしょうか。

会話のきっかけの掴み方

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あなたはいつも乗っている電車で、あるいは同じビルで、あるいはカフェで、毎回見かける人に恋心を抱いたことはありますか? そんなとき、イタリア人やブラジル人なら「こんにちは、綺麗ですね」って声をかけます。アメリカ人だと、そういう時に声をかける有名な言葉があります。

「ねえ、小銭を貸してくれない?」
「どうして?」
「ママに電話するんだ。今、天使に出会ったんだ、って」

こういうのでアメリカ人女性は「クスッ」とか笑うのでしょうか。でも、ママとか天使とか、いかにもアメリカ人ですよね。日本人男性がこんなことを言うとちょっと怖いです。大体今は電話ボックスないですし、もうアメリカ人も言わないでしょうね。

20歳の頃、ロンドンの街中を歩いていたら、前から歩いてきたお洒落な若者に、「その靴、カッコいいね。どこで買ったの?」って声をかけられたことがあります。僕はそのまま正直に、「東京の下北沢という街で、こういうお店があって……」って説明してしまいました。でも後で気づいたんですが、これって「ちょっとした会話のきっかけ」なんですよね。

だから正しい返事は「ありがとう、東京で買ったんだ。ロンドンではこういうの珍しい?」だったんです。そういう「持っているもの、身につけているものを誉める」っていうの、会話の入り口として、ベタだけど、アリですよね。誉められると嬉しいし、自然に会話が進んでしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 男が女に声をかけるのは難しい https://t.co/QRN99xc0dI #スマートニュース 10日前 replyretweetfavorite

krm_maharu これ、めっちゃいいです。ナイスアイデアだと思います。私もやるようにします。 /男が女に声をかけるのは難しい|林伸次 @bar_bossa | 11日前 replyretweetfavorite

k_nanpashinshi これ"街中だと怖い"ということではないと思う。 ①日中に ②街中で、女性に逃げ場のある場所で(電車やお店の中でなく、外など) だったら女性の反応も変わっていただろう🤔 11日前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 男が女に声をかけるのは難しい|林伸次 @bar_bossa | 12日前 replyretweetfavorite