女子はパンケーキ、男子は牛丼って、いったい誰が決めた?

女子が牛丼やラーメンを一人で食べにくい、男子が弁当を自分で作って持ってくるとそれだけで「すごい!」と褒められる……。なんだかおかしいなと思いながらも、昔からの性役割に沿った考え方に共感することはあるでしょう。とはいえ、性役割は、文化を超えたり、時代が進んだりすることで変わります。このことに気づかずに「常識」にただ適応してしまうと、旧来のステレオタイプを助長しかねず、反発を招く危険性があるのです。

「ラーメン女子」とか「弁当男子」ということばを聞いたことはありませんか? このことばがちょっと気になってしまうのは、形容矛盾だからです。形容矛盾とは、矛盾することばが同居する表現のことです。例えば「小さな巨人」(オロナミンC)とか「聖なる愚者」(フォレスト・ガンプとかフーテンの寅さん)がそうです。ラーメンは男っぽい食べ物だし、「愛妻弁当」ということばがあるように弁当は女が作るものです。こういった「常識」に反する表現だから、気になるのです。

この「常識」は、性役割というものが作り上げたものです。性役割とは、「女らしさ」とか「男らしさ」について世間から期待されることを指します。性役割は私たちの毎日の消費に色濃く反映されています。「女」とか「男」など自分が属するジェンダーが、どのように行動すべきか、何を着るべきか、どのように話すべきかについて、私たちは気にしています。例えば、ぼくが牛丼を食べることについて皆さんは不思議に思わないだろうけれども、パンケーキが大好きだと言ったら、ちょっと奇妙に思うでしょう。このように性役割には、それに伴う消費があるのです。これを性役割製品と言います。

性役割はマーケティングにとって重要です。牛丼は男っぽい、パンケーキは女子っぽい、という「常識」を理解していないと、適切なマーケティングができないからです。

1990年代、ぼくが学生だった頃、吉野家が「吉野家USA」という実験店舗を展開していました。吉野家USAは、普通の吉野家とは違って、マクドナルドのようにセルフでカウンターで注文するスタイルでした。さらに、牛丼のことを「ビーフボウル」と名前を変えて、並はレギュラー、大盛はラージ、特盛はエクストララージと呼んでいました(笑)。さらにダンキンドーナツも一緒に売っていました。どうやら男臭い牛丼をアメリカン(?)な名前にして、女性が好きなドーナツを併売することで、牛丼を女性にも食べてもらいたかったようでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite