命とは何か?

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


だがここに大きな困難がある。そもそも「生命」とは何なのかを、人類はまだ知らないのだ。地球上のことですら、たとえばウイルスが生命か非生命か長年議論され未だ決着していない。ましてや宇宙で遭遇した未知の現象を、生命か非生命か区別することなどできるのだろうか。定義されていないものを探すとは、まるで鳥とは何かを知らない人が青い鳥を探しに行くようなものではないか?

もちろん、我々は「生命とは何か」について何も知らないわけではない。その証拠に、人は日常で出会うさまざまなものを生命と非生命に直感的に区別することができる。たとえば、今僕がこの原稿を書いているMac Bookは非生命だ。テーブルの上にあるスターバックスのコーヒーカップも非生命だ。バルコニーに敷かれたタイルも、道を走る車も、その向こうに見えるカリフォルニアの青い海と空も非生命だ。一方、花壇に植えられた木は生命だ。そこに止まっている虫も生命だ。先ほど空を飛んでいったカモメも生命だ。海で時々潮を吹くクジラも、それをカメラに収めようとしている若者も、その横でつまらなさそうに立っているガールフレンドも生命だ。なぜ我々は「生命」の定義を知らないのに、見たものを生命と非生命に分けることができるのだろう? なぜ近代的生物学を知らない古の人も「命」という概念を問題なく使うことができたのだろう?

生命とは帰納的な概念であるからだ。「帰納的」とは難しく聞こえるかもしれないが、つまりは定義ではなく具体例が先にあった、という意味だ。生命と非生命の間に、物理学的に与えられた境界線はない。どちらも同じ物理法則に従う「現象」である。コンピューターも、コーヒーカップも、車もタイルも空も海も花も鳥も風も月も、若者もガールフレンドも彼女の倦怠も、そしてそれを観察する小野雅裕も、全ては「現象」である。だが、様々な現象をいくつもいくつも見るうちに、いくつかの特徴を共有するひとつのグループがあることに気づく。その特徴とはたとえば、呼吸をする、代謝をする、子孫を残す、などだ。ウイルスのようにどっちつかずの現象もあるため境界線は明確に引けないけれども、たとえば空に浮かぶ水滴の集合をひとひらの「雲」と数えられるように、一部の現象がモヤッとした塊を成しているのが見えてくる。それらに与えられたラベルが「生命」だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 『そもそも「生命」とは何なのかを、人類はまだ知らない』 難しいよね、これ。 なにがしか定義・モデル化して、その枠内で話をする。… https://t.co/YKF0Tq7TPX 2年以上前 replyretweetfavorite

uchu_kyodai NASAの研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 2年以上前 replyretweetfavorite