藤子不二雄と学年誌と少年サンデー ~『ドラえもん』の静かな始まり①~

2010年代に入ってウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」等が次々と40、50周年を迎えている。これらは単に昔のものとしてあるだけでなく現役のコンテンツとして新作が発表され、映像化、舞台化されている。逆算すれば分かるが、大半は1970年代に始まった。1960年に生まれ、アニメ、特撮ものを最初期からTVで見ていた中川右介(作家、編集者)が「リアルタイムの記憶を基にして目撃譚」として描くサブカル勃興史。

記憶を辿りながら書きますが公にするからには、記憶にだけ頼り、間違ったことを書いてはいかないので、改めて調べ事実確認をして書きます。歴史家的視点と当時の少年視聴者・読者としての記憶とを融合させ「読者・視聴者としてサブカル勃興期を体験した者が書く歴史」を提示したいと思います(筆者)。

一九七〇年代に始まったコンテンツの最初は『ドラえもん』だ。

『ドラえもん』は小学館の学年誌で一九七〇年一月号から連載が始まっている(一月号は前年一二月に発売されるので、厳密には一九六九年に始まったが、このへんは誤差の範囲としていただきたい)。つまり一九七〇年代に誕生した最初のキャラクターである。

 しかし、「ドラえもん」というキャラクターが広く知られるようになるのは一九七九年四月、テレビ朝日系列でアニメ『ドラえもん』が放映されて以降で、その間の一〇年間は「知る人ぞ知る」、つまり「知っている小学生しか知らない」存在だった。

 僕は『ドラえもん』に「小学三年生」一九七〇年一月号で出会い、「小学四年生」七一年三月号で、いったん別れた。後に『ドラえもん』は「小学一年生」から「小学六年生」まで全学年で連載されるが、当初は「一年生」から「四年生」までだったのだ。

 そういうわけで、僕は日本史上最初に『ドラえもん』を読んだ数十万人の小学生のひとりとなる。といって、すぐにその魅力の虜となり、夢中になったわけでもない。

●小学館の学年誌と藤子不二雄

一九七〇年当時、小学館の学年誌は「小学一年生」から「小学六年生」まであり、さらに幼年誌「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」「よいこ」を合わせて一〇誌が出ていた。

 学年誌は「小学一年生」四月号がいちばん発行部数が多い。「ピッカピカの一年生」というコピーのテレビコマーシャルが登場するのは一九八〇年からなので、僕が小学校へ入学した一九六七年にはなく、学年誌の年間定期購読者獲得商戦はもっぱら「町の本屋さん」の店頭と、その外商による訪問で展開されていた。

 一九七〇年の「小学一年生」四月号の発行部数は八三・三万部で、この年の小学一年生は一六二・一万人なので、四四・七パーセントの子が購読していたことになる。僕もそのひとりだった。

 小学館はその名が示すように「小学◯年生」という学年誌を出すために創業された出版社だ。創業は一九二二年(大正一一)のことで、「小学五年生」「小学六年生」の二誌が創刊され、やがて全学年へと発展した。

 昭和になり戦争があったが、小学館も学年誌も生き延びた。しかし戦後の一九五六年から六〇年にかけて講談社が「たのしい一年生」から「たのしい六年生」までを創刊したことで、学年誌戦争が始まった。この戦争は小学館の勝利で終わり、一九六三年をもって講談社は「たのしい幼稚園」だけを残し、「たのしい◯年生」はすべて休刊にした。だから僕が小学一年生になった一九六七年は、「小学一年生」しかなかった。

 そして—藤子不二雄は、学年誌戦争が始まった一九五六年は講談社陣営のマンガ家だった。

 藤子不二雄は一九八七年に「藤子・F・不二雄」と「藤子不二雄Ⓐ」となり、その時点で過去の作品については、二人の合作作品と、F作品、Ⓐ作品の三つに区分され、『ドラえもん』はF作品となった。しかし本書では二人でひとつのペーンネームを用いていた時代については「藤子不二雄」とする。

 藤子不二雄となる藤本弘(藤子・F・不二雄)は一九三三年(昭和八)一二月、安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)は一九三四年(昭和九)三月に富山県で生まれた。生年は違うが、学年は同じになる。藤本は高岡市で生まれ育ったが、安孫子は氷見郡氷見町(現・氷見市)に生まれ、戦争中の一九四四年(昭和一九)九月、高岡市へ引っ越した。安孫子が藤本が通う学校へ転校してきたので、小学五年生で二人は出会い、ともにマンガ好きだったので親友になった。

 二人は小学六年で敗戦を迎え、翌年、藤本は工芸専門学校、安孫子は中学へ進学した。学校は別になったが、友情は続いた。二人は一九四七年(昭和二二)、手塚治虫の『新宝島』を読んで衝撃を受け、自分もマンガ家になろうと決意する。この二人に限らず、石ノ森章太郎や赤塚不二夫など同世代のマンガ家はみな手塚作品に天啓を受けている。その意味でも手塚治虫は「マンガの神様」なのだ。

 藤本と安孫子はマンガを合作し始め、四コママンガ『天使の玉ちゃん』が「毎日小学生新聞」大阪版に一九五一年一二月から五二年四月まで連載され、商業デビューした。このときは「藤子不二雄」というペンネームではなく、「あびこもとお、ふじもとひろし」となっていた。二人が一八歳になった頃だ。その後、手塚治虫の足元にも及ばないという意味をこめた「足塚不二雄」名義で描いていた時期もあり、一九五三年(昭和二八)から「藤子不二雄」となる。

 二人が上京するのは一九五四年(昭和二九)だった。当初は主に『漫画少年』(学童社)に描いていたが、同誌は五五年一〇月号で休刊となってしまった。学童社は講談社で「少年俱楽部」編集長だった加藤謙一が起こした出版社で、加藤は一九五二年から講談社の顧問に復帰していた。やがて藤子不二雄は講談社の「幼年クラブ」「少年クラブ」にも描くようになり、学年誌戦争が始まると、講談社の「たのしい◯年生」に連載を持っていた。

 ところが一九五九年(昭和三四)、「少年マガジン」「少年サンデー」が同時に創刊されると、藤子不二雄は小学館の「少年サンデー」に連載を始める。

●「少年サンデー」と藤子不二雄

一九五〇年代は少年誌・少女誌とも月刊誌の黄金時代である。しかし小学館はこの分野に出遅れていた。学年誌が安定していたので、それと競合しそうな少年誌・少女誌は出しにくいとの判断もあったと思われる。さらに小学館としては、自分たちは「学習雑誌」を作り、講談社は「娯楽雑誌」を作るという棲み分けを意識していたのかもしれない。

 だが講談社が学習学年誌に参入してきたことで、状況は変わった。さらに出版界では一九五六年の「週刊新潮」創刊とその成功で、出版社による週刊誌の創刊が相次いでいた。それまでは新聞社しか週刊誌は出せないと考えられていたが、文藝出版社の新潮社がその常識を覆したのだ。こうして週刊誌を出す出版社が増えてくる。

 小学館では学年誌の編集者の間で少年向け週刊誌を創刊しようとの声が出て一九五八年秋から、翌五九年春に「少年週刊誌」を創刊すると決まる。それを察知した講談社も少年週刊誌創刊を決めた。それぞれの編集部が立ち上がり、誌名が「少年サンデー」「少年マガジン」と決まる。両編集部ともマンガ雑誌ではなく総合的な少年向け週刊誌を作ろうとしていたが、これからの少年誌はマンガが雑誌の命運を決めるとの判断から、マンガ家の獲得へ動いた。

 少年誌創刊を先に決めた小学館のほうがマンガ家へのアプローチでも先行し、まず手塚治虫を獲得した。

 それまでの経緯からすれば、藤子不二雄は講談社の雑誌に描くのが自然なのだが、「少年サンデー」に創刊号から連載した。といっても、講談社と何かトラブルがあったわけでもない。藤子が「少年サンデー」に連載すると決めたのは、先に連載依頼があったという単純な理由だった。二月一一日に「少年サンデー」から連載依頼があり承諾すると、二日後の一三日に「少年マガジン」からも依頼があったが、週刊誌二誌に同時に描くのは無理だと断ったのだ。藤子としても週刊誌は未知の世界なので、どれくらい多忙になるか分からなかったのだ。

 藤子以外のマンガ家への交渉でも「少年サンデー」が先行しており、創刊号には手塚治虫『スリル博士』と藤子不二雄『海の王子』に加え、寺田ヒロオ『スポーツマン金太郎』と、トキワ荘系作家が並んだ。

 藤子不二雄の『海の王子』はSFアクションマンガで、一九六一年第一四号まで二年にわたり「少年サンデー」に連載された。これで小学館とのつながりもでき、学年誌にも連載するようになり、講談社が撤退する六三年までは「小学◯年生」と「たのしい◯年生」の両方に連載していた。

『海の王子』は「少年サンデー」での連載が終わった後、「小学三年生」に一九六四年八月号から六五年四月号まで連載された(最後の四月号は「小学四年生」)。これが「サンデーで好評なものは学年誌にも連載する」という前例となった。

●オバQの大ヒット

藤子不二雄はトキワ荘の仲間たちと、一九六三年にアニメーション制作会社スタジオ・ゼロを設立した。メンバーは藤本、安孫子、石ノ森章太郎、鈴木伸一、つのだじろう、赤塚不二夫(六五年から)らである。

 だがこのアニメ会社はなかなか利益が出ず、雑誌部を設けてマンガを共同制作することになった。その第一作が『オバケのQ太郎』だった。もともとは藤子不二雄に「少年サンデー」から「オバケを主人公にしたマンガ」という依頼があり、それをスタジオ・ゼロとしてやろうとなったのだ。基本的には藤子不二雄の二人が描き、石ノ森が協力するという形で描かれ、「藤子不二雄とスタジオ・ゼロ」名で「少年サンデー」一九六四年一月発売の六号から九回にわたり連載された。

『オバQ』は毎回読切形式のギャグマンガなので、大きなストーリーがあるわけではなく、第九回もいつものようにドタバタがあって、オチがついて終わっている。最終回らしい「お別れ」の物語ではなかった。九回で終わったのは当初からそれくらいの回数ということでの連載で、人気がないので打ち切りとなったのではない。しかし人気があれば続行となるだろう。九回で終わったのは読者からの反響がまったくなかったからだった。

 ところが連載が終わると、反響があった。「もっと読みたい」とのハガキが編集部に殺到したのだ。そこで一〇週間後に、今度はスタジオ・ゼロではなく、藤子不二雄作品として連載は再開された。

 テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』も『機動戦士ガンダム』も本放送時は視聴率が低かったが、人気コンテンツというのは、そういうものが多い。

 一年が過ぎようとしても『オバケのQ太郎』の人気は衰えず、一二月発売の六五年一月号から、学年誌の全学年(「小学一年生」から「小学六年生」まで)での連載も始まった。

 この年、僕はまだ幼稚園生で、オバQを知るのは八月からのテレビアニメによってだった。


連載が1冊にまとまって発売(加筆あり)!『サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった』(角川新書)!

角川新書

この連載について

すべては1970年代にはじまった

中川右介 /角川新書

2010年代に入ってから、ウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 「ドラえもん」の静かな始まり~名作は1970年代に生まれている~ https://t.co/lAhMEQpB3i #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

ken_373 #ドラえもん 8ヶ月前 replyretweetfavorite

ikuoya 「ドラえもん」の静かな始まり~名作は1970年代に生まれている~ https://t.co/TMxNNTd630 8ヶ月前 replyretweetfavorite

t_watson https://t.co/0Bq5IyxNOX 8ヶ月前 replyretweetfavorite