オフィスハック

人事部なんざ、信じられるか!

【人事部が、悪い社員をブッ殺す!?】絶賛発売中のスパイアクション小説『オフィスハック』より第1話「ONDO社の社内調整」リバイバル連載!◆あらすじ◆2018年東京、丸の内。合併をくり返し肥大化した大企業T社では、不正を働く社員が次々誕生していた。人事部特殊部隊「四七ソ」の香田と奥野に、今日も新たな指令がくだる。オフィス内のクソ野郎どもを、スタイリッシュかつアッパーに撃ち殺せ!


◆#28◆


 銃弾がサカグチの頭めがけて飛ぶ。だがサカグチは黒い防弾長財布を構え、それを遮った。防がれた。しかもブリーフケースじゃなく、長財布で。只者じゃない。さらに、おれに向かって発砲してきた。

「くそッ」

 反撃を予想していたおれは、咄嗟に机の上で身をかがめ、防弾ブリーフケースで身を守った。

「あいつを殺せ!」

 サカグチが叫ぶと、新たな悪漢どもが机の上に乗り、拳銃やカタナを構えておれに向かってきた。まったくキリがない。おれはマニュアル通り、警告を発した。

「第一人事部の寛大な措置にその身を委ねろ! 第一人事部の慈悲か、そこの外部コンサルタントの言葉か、どっちを信じる!?」

「人事部なんざ、信じられるかァーッ!」

 全身をユナイテッドアローズでキメた髭の社員が突撃してきた。もっともな意見だ。

BLAM!

 おれはそいつの胸を撃ち抜き、そこから激しい乱闘が始まった。横並びオフィス机の上に置かれていた書類や、ガンダムのフィギュアや、謎のハイセンスな縫いぐるみや、ペットボトル飲料のオマケなどが、めちゃくちゃに蹴り飛ばされて宙を舞った。反対側では奥野さんの突撃でパーティションが破壊され、かなり風通しがよくなっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オノ・ナツメさん画のポストカード当たる!書籍ご購入はこちら

オフィスハック

本兌 有,杉 ライカ,オノ・ナツメ
幻冬舎
2018-04-19

この連載について

初回を読む
オフィスハック

ダイハードテイルズ

これぞ日本版キングスマン/会社あるあるが笑える/スカッとする!/早く映像化して! などTwitterで話題のスパイアクション小説『オフィスハック』(著:本兌有・杉ライカ、画:オノ・ナツメ)をリバイバル連載!(あらすじ)「ウチの不祥事が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません