座りすぎで寿命が縮む!?

最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編』において、医学博士の石川善樹氏は、仕事のパフォーマンスを上げる実践法として「一つは姿勢を整えること、一つは『座りっぱなし』を防ぐこと、そしてもう一つはオンとオフのメリハリをつけること」を上げる。デスクワークが多いと、どうしても座る時間が多くなりがちだが、これは生産性向上につながるどころか「寿命を縮める」という。

働き方改革は「視線」「姿勢」と「仕事の終わり方」で実現しよう

「ムーギーさん、仕事の生産性を高める上で一番重要なのは、『すぐできる』ということです。

つまり、『簡単にできて、なおかつ短期間で大きな効果が出る』ということ。もっと言えば周囲にも実践していることが伝わり、効果が出ていることでほめられる。すると自分もうれしくなって、もっと実践し続ける……この好循環の輪が完成して、ようやく意味があるのです」

最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編』でこう話すのは、医学博士であり予防医学研究者の、石川善樹氏である。石川氏は予防医学の観点から、疲れにくい体を作る方法、能率を上げる方法の普及に努めている。石川氏が提示した「すぐにできる」ことの重要性は、多くの方が同意されるだろう。

ただ、簡単で、かつ劇的に能率の上がる方法があるのならうれしい話だが、そんないい話、本当にあるのだろうか?具体例として、石川氏は、次の三つを挙げる。

「一つは姿勢を整えること、一つは『座りっぱなし』を防ぐこと、そしてもう一つはオンとオフのメリハリをつけることです」

石川氏がすすめるのは、デスクワークによる体への負担を軽くしながら、日中は元気に活動し、夜はきちんと仕事を切り上げる習慣をもつことである。

石川氏の提唱する方法は、いわば個人的に生産性を高める秘訣だ。それでは、ここから一緒に「体」と「意識」の両面からアプローチし、「生産性向上」の極意を見ていこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

最高の自分を引き出す超・具体的実践法

この連載について

初回を読む
最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「朝起きて夜寝るまで、本当に効果のある毎日の健康習慣とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません