やらない理由

デート中「ここ、前もきた!」と言われるのは嫌だが、嘘の「初めて!」はもっと嫌【No.49】

今回のテーマはGW中に抱えた人も多いであろう、恋人の、もしくは夫や妻の、過去におわせジレンマです。今日から仕事再開という人も多いでしょうから、どうかカレー沢先生のコラムで心穏やかな一週間をお過ごしください。書籍『やらない理由』も好評発売中!(電子版もございます!)

今回のテーマは「デート中「ここ、前もきた!」と言われるのは嫌だが、嘘の「初めて!」はもっと嫌」だ。

これはもう、過去とか一切ない新生児と付き合った方がいい。それは法に触れているし、前世も気になる、という場合は、砂場の砂鉄とか無機物と付き合えば解決だ。テーマのようなことまで気にするのは、明らかに面倒くさい奴だが、これはつまり「交際相手の過去が気になる」ということだろう。

一般的には相手の過去を気にするのは狭量なことであり、済んだことはしかたねえ、お前の離婚暦も前科も、内股に彫ってあるサイコロの刺青も、全部受け止めてやる、というデカい毛布みたいな心こそが必要である、と言われている。

だが、そうは思っていても、人の心というのはふとしたことから、勝負パンツぐらいの面積になってしまう。例えば「ラブホとか、初めて来た~!」という彼女が、やたらアメニティに詳しかったり、風呂に湯を張る手際が良すぎたりすると、やはり彼女の過去に思いを馳せずにいられないだろうし、隠すということは何かやましい事があるのでは、と勘くぐってしまうだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この時代を生き抜く勇気が湧いてくる一冊!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rosia29 ラブホの現金送るシューターを知らない奴は何やってもダメ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

akabetan カレー沢先生の文章ほんますき。 https://t.co/quejEXhjjC 3ヶ月前 replyretweetfavorite

irasally いつにも増して突き抜けていて良い。デカい毛布と勝負パンツわろた、わかる https://t.co/UFDVywzw8g 3ヶ月前 replyretweetfavorite

524kenta この作者は天才なのかよ。。笑 3ヶ月前 replyretweetfavorite