心のベストテン

ポリコレ、炎上、再生数……未来の音楽のダークサイドを越えて

実は世界的に拡大している音楽市場。そんな景気のいい話にも、いろいろと問題もあるようで……。音楽の未来と未来の音楽について語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

音楽の未来、未来の音楽

柴那典(以下、柴) 今回の心のベストテンは、音楽の未来の話をしたいと思うんです。音楽はこれからどうなるか。

大谷ノブ彦(以下、大谷) お、なになに?

 まず前提として、まだまだ知らない人がいると思うんですが、今、音楽市場って世界的にめちゃめちゃ拡大してるんですよね。

大谷 SpotifyとかApple Musicとかのストリーミング配信が儲かるようになってきたってことですか。

 そうそう、ストリーミングの継続課金ビジネスのおかげで世界全体のレコード産業が伸びてて、特にアメリカとかイギリスでは前年比10%以上の急激な伸びになってる。

大谷 10%!

 つまり、ライヴも儲かるようになってるけど、音源もストリーミングで収益を上げるようになったと。

大谷 いいことですよね。

 はい。じゃあ、その先に何があるんだ?っていう話です。ここから先はちょっと妄想めいた話も入ってくるんですけど。

大谷 おお、僕、妄想めいた話、大好きよ(笑)。

 音楽の未来について、いい話と悪い話と両方あるんです。まず、いろんなアーティストがストリーミングで収益を上げるようになってくると、CDとかダウンロードで売れた数よりも、聴かれた再生回数がそのまま収入に直結するわけですよね。

大谷 はいはい。ということは、いい曲を作って何回も聴かれたらそのぶん儲かるわけだ。

 そう。それがいい話。ますます音楽の質が問われるようになる。

大谷 ヘビーローテーションしたくなる、ずっと聴きたくなるような音楽を作ろうと。

 ええ。その一方で悪い話として、とりあえず人目に付いて話題を作って再生回数稼いじゃえばいいやっていう発想も当然出てくる。

指名手配犯がYouTubeにラップを投稿してメジャーデビュー

大谷 となると、わざと売名行為をして炎上するみたいな?

 これは既にもう起こっている問題で、これからの音楽のダークサイドだと思っていて。たとえばTAY-Kというアメリカの10代のラッパーがいるんですけど、彼は去年、強盗殺人をして逮捕されて、仮釈放中に逃亡したんですよ。で、逃亡中に指名手配写真の隣でラップをしてYouTubeにアップした。

大谷 あー、見た見た! それがめちゃくちゃバズってた。

 それが「THE RACE」っていう曲なんですけど、つまり警察から逃げてるのをレースにたとえてるんですよね。

大谷 このTAY-Kって、この後どうなったんですか?

 YouTubeに公開した翌日に即効で居場所がバレて警察に逮捕されたんですけど、これがSNSでめちゃくちゃバズったことから、メジャーデビューにつながって。曲もヒットしたんで、獄中にいながら敏腕弁護士がついて裁判してる最中です。

大谷 すごい話だなあ。

 もちろんヒップホップの歴史をたどれば、アウトローな体験を語るというのは決して過去にない話じゃないんですよ。50セントだってドラッグディーラーだったわけだし。
 でも、誰もがYouTubeに自分のやってることをリアルタイムで投稿できるという仕組みは50セントの時代にはなかった。

大谷 いろいろ経た上でデビューしてましたよね。

 でも今は、すべての人がツールを持っていて、再生回数という一つの数字だけが直接お金に結びつくようになってしまっている。というと、また一周回って「いい音楽って何だ?」って話になってくる。
 TAY-Kのラップがほんとに素晴らしくてバズったのか、彼には才能みたいなものがあったのか?っていう。ここがめちゃくちゃ難しいというか、判断がしづらいところで。

大谷 確かに。両方の可能性があるわ。

 ええ。必ずしも再生回数が多いからって「いい曲」かはわからないってことです。

炎上商法が成り立つシステムの問題
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tanakatamaka840 https://t.co/xnStOFHwHh 約1年前 replyretweetfavorite

kumama282828 面白くて、少し怖い未来。願わくば悪用されて欲しくはないな。 約1年前 replyretweetfavorite

gcmstyle こういう音楽の未来の話好きです。 今は色々と過渡期なのかなと思う 約1年前 replyretweetfavorite

shiba710 対談連載「心のベストテン」最新回です。 「景気がよくなっていくときほど、倫理観とか美学みたいなものが大事になっていく」 https://t.co/vuHWpoMEWF 約1年前 replyretweetfavorite