まるでどこかで見たことがあるような風景

【他人の夢①】
テニスの練習中、フェンスを越えて外に出てしまったボールを探しに行く。その時にまた〝あの感覚〟に襲われた。経験したことがないのに、どこかで見たことのある感じ――
<WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!>

イラスト:堀越ジェシーありさ



 心の中へ潜っていく。どのくらいで底に着けるだろうか。

 外からでは、何も見えないからわからなかった。中に入るとここは、焦りが漂い、恐怖が流れ、逃げ出したい気持ちが奔流となって世界を支配している。

 誰にだって心の中には、ところどころに、光があり、道案内があり、隠し通路だってあるはずだ。

 ここには、それすら見当たらない。

 自分のじゃないからこそ、わかることだってあるはずだ。

 僕は、底に沈んだ、輝く宝石を取り戻したい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夢工場ラムレス

河邉徹

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の 〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません