腸内環境を決めるのは『日和見菌』

前回連載でご紹介させていただいた『最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編』の「朝食が「時計遺伝子」を目覚めさせる」、「腸内環境は「内側」「外側」からの刺激で改善できる」の記事で、順天堂大学教授・小林弘幸氏も述べていたことだが、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいる。ただし一番多いのは「日和見菌」という、「どっちつかずの菌」だという。

・腸内環境を決めるのは『日和見菌』

【食事の極意2】食物繊維で、善玉菌を優位に—水溶性と不溶性の両方をとることが重要

・「ゴボウ」と「海藻」を両方食べよう

前回連載でご紹介させていただいた『最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編』の「朝食が「時計遺伝子」を目覚めさせる」、「腸内環境は「内側」「外側」からの刺激で改善できる」の記事で、順天堂大学教授・小林弘幸氏も述べていたことだが、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいる。ただし一番多いのは「日和見菌」という、「どっちつかずの菌」だという。

割合的に、善玉菌のほうが多ければ日和見菌も善玉的に作用し、悪玉菌のほうが多ければ悪玉的に作用するというのだ。何だか、選挙のときの浮動票みたいではないか。

「よく『腸内環境を整えましょう』『善玉菌を優位にしましょう』といわれるのは、言いかえれば、善玉菌が喜ぶものを食べて、日和見菌を善玉的にしましょう、という意味なのです」

そこで発酵食品と並んで重要なのが食物繊維というわけである。ただし、食物繊維が豊富なイメージが強い「ゴボウ」ばかり食べればいいわけではない。

「なぜなら食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、両方をとることが重要だからです。食物繊維食品には両方の種類の食物繊維が含まれていますが、バランスが異なります。たとえばゴボウに多く含まれるのは不溶性食物繊維です。一方、海藻類には水溶性食物繊維が多く含まれています」

こうした知識は次の「自炊」にも役立つだろう。もちろん外食する際にも「野菜=体にいい」という単純なイメージだけでなく、「水溶性食物繊維と不溶性食物繊維」を意識すれば「よりよい食べ方」になるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

最高の自分を引き出す超・具体的実践法

この連載について

初回を読む
最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「朝起きて夜寝るまで、本当に効果のある毎日の健康習慣とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません