性的な関心が「愛情」になるか「セクハラ」になるか。

突然異性に迫ることは、「相手との関係性を地道に築く過程や努力を放棄して、恋人気分やセックスという結果だけをすぐに欲しがっている状態」だと坂爪さんは指摘します。望まない相手に性的な欲求を押し付けるのは犯罪です。ときに孤独に陥ると、「敵/味方」「格上/格下」「選ばれた存在である自分/その他大勢」等という自分に都合の良い二元論で他人を判断してしまうことがあるようですが……。『孤独とセックス』、必見です!

●性的欲求を相手に出すこと自体は悪ではない

それでは、自分の性的欲求をモンスター化させないスキルを身につけるためにはどうすればいいのでしょうか。

まず必要なことは、男子の性的欲求に対する旧態依然とした考え方を更新することです。

男子の性的欲求は、ともすればいつでも・どこでも・誰に対してでも自動的かつ衝動的に湧き上がるもの、と思われがちです。しかし言うまでもなく、我々の性的欲求はそれほど単純なものではありません。

そして性的欲求とは、単なる欲望の発露ではなく、相手とつながりたいという願望の表れでもあります。この「つながりたい」という欲求自体はきちんと尊重すべきです。

ここで立ち止まって考えてみてください。あなたは、「この人と本気でセックスしたい」と思える相手に、これから死ぬまでの間に、何人くらい出会えると思いますか? たいていの人は、せいぜい片手で数えるくらいではないでしょうか。

そう考えると、「この人とセックスしたい」「関係を深めたい」という気持ち自体は、非常に貴重なものです。まず、この事実をきちんと認識しましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「誰と交わっても空しい」あなたに贈る、生き抜くためのサバイバルガイド!

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

luna_yumi 〈「境界線は、自分の頭の中にしか存在しない」「境界線を作り出しているのは、自分自身である」という事実に気づくこと。〉 2年以上前 replyretweetfavorite

ikb 『告白はハイリスク』 『「当たって砕けろ」では、当たられた方も迷惑』 この人に認められたい。 この人と話ができるよう… https://t.co/iYgSkZWPE3 2年以上前 replyretweetfavorite

tanupiti なるほどね https://t.co/JK5N07l92y 2年以上前 replyretweetfavorite

sarah_tw これ読んでて、いやそもそもその手の人間は「日々の関係性」を正しく認知できないからやばいんじゃん?てなったやつな:https://t.co/3wqnJZwnsw 2年以上前 replyretweetfavorite