​大人と未成年者の性行為は、いかなる場合も大人に非がある

アイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバーが女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されました。
国民的人気グループのメンバーが起こした事件に関心が高まる一方で、SNS上では被害者を責める発言も見られます。
しかし、アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんは、「大人と未成年者の間の性行為は、いかなる状況であれ、大人が加害者の犯罪である」と指摘します。

最近TOKIOというアイドルグループのメンバーである山口達也さんが自宅に女子高生を呼び出し、無理やりキスをして強制わいせつ容疑で書類送検されたことが話題になった。

1993年に日本から海外に移住した私はTOKIOというアイドルグループのことを知らないし、芸能ネタには元々あまり興味はない。だが、「46歳の加害者が仕事を通じて知り合った未成年者に強制的な性的行為を行った」という加害者も認めている事実に対して、被害者のほうを責め、加害者を擁護する日本のソーシャルメディアの反応のほうに驚き、考え込んだ。

特に多かったのが「夜中に呼び出されて男の自宅に行くほうが悪い」というものだ。「高校生にもなっているのだから、男の自宅に行ったら何が起こるかわかっているはず」、「金を目当てで、(加害者を)罠にはめたのだろう」というものまであった。それ以外にも、「なんでもかんでもセクハラ騒ぎになる。これでは男は怖くて女に言い寄れないし、恋愛もできなくなる」といった内容の嘆きも目にした。

こういった見解は、被害者の立場になって状況や心理を考えることができない「想像力の欠如」が原因なのだと思う。

対等な関係でない大人と子どもの間での「性行為の合意」は不可能

SNSにあふれる被害者批判の根源にある視点の過ちのすべてを説明すると紙面が足りなくなるので、今回は、「大人と未成年者の間の性行為は、いかなる状況であれ、大人が加害者の犯罪である」という根本的な部分に絞って説明したいと思う。

アメリカでは『Statutory Rape(法定強姦/法定レイプ)』という単語がニュースでよく使われる。それゆえ、よほど社会問題に疎い人でないかぎりだいたいの意味は知っている。

通常「法定強姦」は、性行為を同意できる年齢に達していない子どもに対して大人が行う「強制」を伴わない性行為を意味し、同意がない強制的な性行為である「レイプ」とは分けて使われる。つまり、子どもがたとえ同意の意思表明をしたとしても、性行為を行った大人のほうが常に犯罪の加害者ということになる。特にStatutory Rapeという表現は被害者が思春期以降の年齢に対して使われ、それ以下の年少の場合には、Child Sexual AbuseあるいはChild Molestation(児童性的虐待)という表現がよく使われる。

「法定強姦」にならない「性行為の合意可能な年齢」はアメリカでも州によって異なるが、16歳から18歳の範囲である。

「それなら未成年同志でセックスしても犯罪とみなされるのか?」という疑問はあるだろう。
実際に、12歳のボーイフレンドと合意のうえでセックスした13歳の少女が「法定強姦」で有罪判決を受けたカリフォルニアの例もある。これには、全米から非難が押し寄せた。

「法定強姦」はもともとティーンの恋を罰するために作られた法律ではないので、多くの州には「ロメオとジュリエットの法」というものがある。シェイクスピアの原作ではロメオの年齢が明確ではないが、多くの説ではジュリエットは13歳、ロメオはその2〜3歳年上のティーンだと解釈されている。州により異なるが、「ロメオとジュリエットの法」では2人の年齢差が4歳までは処罰の対象にならないか刑が軽くなる。

2人の年齢差が重要な要素になるのは、「法定強姦」の法律が生まれた理由が、「大人と子どもの関係が対等ではない」からだ。

未成年者には成人と同等の法的権利はなく、経済的にも社会的にも非力である。また、子どもの心身はまだ発達中であり、肉体の成熟度、性や人間関係の理解においても子どもと成人は同等ではない。性行為がもたらす可能性がある心身の影響についても、子どもは自分で責任を取ることができる立場にない

このような不平等な関係においては、大人は子どもを身体的にも心理的にも圧倒し、心理的に操作しやすい。つまり、対等な関係になりえない大人と子どもの間では子どもは真の意味での「性行為の合意」をすることが不可能だという考え方だ。

ゆえに、大人による子どもへの性行為は、暴力や強制がなくても、たとえ子どもが言語で同意しても、真の意味での「同意」とはみなされず、法的な処罰の対象になるのだ。

こういった話題で具体的な例をあげても、「男はいつも女に責められる」という先入観のためなのか、被害者の視点で読んでもらえないことが多い。そこで、今回は被害者も加害者も「男性」の例で説明したい。

アメリカで起こった絶対的な力関係下での性的虐待
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tohana2208 大人と未成年者の性行為は、いかなる場合も大人に非がある|渡辺由佳里 @YukariWatanabe | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

RyoAster 大人と未成年者の性行為は、いかなる場合も大人に非がある|渡辺由佳里 | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

fukutomi__244 大人と未成年者の性行為は、いかなる場合も大人に非がある|渡辺由佳里 @YukariWatanabe | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

_go_blank これらのケースでわかるように、ターゲットにされた子どもには、選択肢はないし、逃げ道もない。逃げ道がないところに「同意」などは存在しない。 5ヶ月前 replyretweetfavorite