怠ける練習をしよう!

仕事も家庭も忙しく頑張っている人のなかには、「休むのが下手」な人もいるのではないでしょうか。しんどいのはわかっているけれど、休むと迷惑をかけるようで休めない。せっかく休んでも、つい仕事のことを考えてしまう。それでは「休んだうち」に入りません。書籍『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい」と疲れ果てたときに読む本』より、限界になる前に自分を守る方法を紹介します。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本

黒川依 /石原加受子

「仕事が嫌だ」「人間関係がきつい」「やる気も失せた」……。しんどい時期は、頑張ろうと思うほど、気持ちも体も動けなくなってしまいます。でも、その「頑張ろう」と思う気持ちが、かえって自分を疲れさせてはいないでしょうか? 累計100万部のベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

plusTa2 このcakesって連載陣がおもしろいな 2年以上前 replyretweetfavorite

ikb 休むことを、なにも生産できていないことを、「役立たず」と括ってしまう。だから僕は、休めない。 裏には、休んでい… https://t.co/2Ovna7oeKi 2年以上前 replyretweetfavorite