スタバでMacを開くとドヤリングになるのか問題

スタバで過ごすとき、サードウェーブコーヒー店で過ごすとき、純喫茶で過ごすとき、あなたは自分がどんな風に見られていると思っていますか。もしくは、他の人からどのように見られたいですか。何も考えていないと言うかもしれませんが、他人の目に触れる行動には、何かしら、他人の視線を意識する自分が関わっているものです。鏡に映る自己と、セールストークの関わりについて、考えます

ドヤリングって知っていますか?スタバでMacのラップトップパソコンを広げて使って「どや顔」で見せびらかすことだそうです。今回は、ちょっとドヤリングについて考えを深めてみましょう。大事なポイントは、「どのような場合であればドヤリングと呼べるのか?」ということです。

ぼくもMacBookを持っていますので、時にはスタバで使うこともあります。仕事をするためですね。とくに見せびらかそうと思っていないわけです。この場合はドヤリングになるのでしょうか?

これについて考えるために、「本人の意図がある場合とない場合」と「他者がそう認識している場合とそうでない場合」という2次元からなる表で考えていきましょう。それぞれを見ていきましょう。


表:ドヤリングの4分類

Aは、「本人はドヤリングしているつもりだし、他人もドヤリングしていると思っている」ケースです。本人の意図と周りの認識が一致する場合ですね。これは分かりやすい場合です。

Bは、「本人はドヤリングするつもりはないが、他人はドヤリングしていると思っている」ケースです。本人は意図しないけれども、周りがそう認識している場合ですね。上で、ぼくはドヤリングするつもりはないと言いましたが、ぼくがMacBookをスタバで使っているのを見た人は「あー松井、ドヤリングしているよ」と思われているのかもしれません。

Cは、「本人はドヤリングしているつもりだが、他人はドヤリングしているとは思っていない」ケースです。本人はMacを使っていることをアピールしたいのに、周りが気にしないという場合ですね。

Dは、「本人はドヤリングするつもりはないし、他人もドヤリングしているとは思っていない」ケースです。これはAと同様に、本人の意図と周りの認識が一致する場合です。Macを使っている人は今ではとても多いので、特に見せびらかすモノではなくなっているのかもしれません。そうならば、お互いいちいち気にしないということも考えられます。

このように2×2の表で考えると分かりやすく整理できます。しかし、ことはそう簡単ではありません。さらに次の2つについて確認すべきです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matsu_take たかがドヤリング、と言えそうですが、議論して考えてみると「鏡に映る自己」という概念にたどり着きました。そしてこの概念を知ることで、ドヤリングの背後にある複雑な心のプロセスを想像もしくは妄想できました。 https://t.co/1khRu7CQr1 2年以上前 replyretweetfavorite