山口達也報道への違和感

共演した女子高生へ強制わいせつが取り沙汰されている山口達也。好感度が極めて高かったTOKIOにとっては、最大の危機かもしれません。同時に山口達也のアルコール依存症疑惑が持ち上がっています。疑惑というより、それを事件の原因にしようとする世の中の空気に、武田砂鉄さんは異を唱えます。

集団的に自衛するTOKIO

もう4年近く前になるが、安保法制が議論されている頃に、集団的自衛権と引っかけて「集団的に自衛するTOKIO」というタイトルの原稿を書いた。その時点では、自分のタイトル付けに酔いしれたものだが、こうして時間が経過してみるとちっとも面白くない。TOKIOの連帯感は、無条件に人を巻き込むパワーがあるから、当時、自衛官募集のCMを担当していたAKBよりもTOKIOを使ったらいいのでは、などと記したのだった。山口達也の強制ワイセツ発覚を受け、各種報道が、福島復興や東京五輪など公的な方面にも迷惑がかかっちゃってますと伝え、メンバーのそれぞれがお通夜のようなスーツを着込んで謝罪する姿は、長年の「集団的な自衛」が崩れる光景にも思えたが、逆に、これからも「集団的な自衛」を継続していく決意のようにも思えた。どっちなのかは、現時点ではわかるはずがない。2日の14時に4人が会見を開くというが、なぜ4人が責任を負わなければならないのだろう。

健康的な上下関係などあるのか

2014年、24時間テレビのマラソンに臨み、〝毎年好例の〟放送時間ギリギリでのゴールを達成しようとする城島茂のもとへ、サプライズでTOKIOのメンバーが登場した。路上で城島を囲むようにして併走し、日本武道館の入口まで辿り着くと、あとは1人で行けと促し、他のメンバーは会場には入らなかった。その理由を羽鳥アナが放送終了直前に明かす。「今回は(メインパーソナリティを務めていた、後輩の)関ジャニ∞の24時間テレビだから、オレらが出ていってはいけない」との理由だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売即重版! 武田砂鉄さんの新刊です。

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aka_ri_bon いまさら読みました。1TOKIOファンだけど、納得しかできない…。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

aoxtomax なるほど。つい大きな一点にだけ目を向けて思考停止してしまうぜ。 https://t.co/0wv3W2sfhZ |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 6ヶ月前 replyretweetfavorite

SchwarzKatz これ本当にそう思う。アルコール依存の問題と性暴力の問題はまったく別。 6ヶ月前 replyretweetfavorite