女優・のんが生み出す「女の子の牙」

女優、そして「創作あーちすと」として活躍する“のん”さんの個展「‘のん’ひとり展 女の子は牙をむく」が渋谷GALLERY X BY PARCOで開催されています。おもちゃ箱をひっくり返したような個展会場で感じた彼女の意思とは。
美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さんが、その「美しさ」を探ります。

美をさがし求めるのが生業である。

こんな美しいものを見つけた。

創作あーちすと“のん”の、「やりたいことは誰に気兼ねすることなくやる」という、強い強い意思。

やりたいこと、やりたいだけ、やる!

「幼稚園のとき、みんなで節分の鬼の絵を描こうってなって。うまく描けて、子どもの絵の展覧会みたいなところに飾ってもらえたことがあって、うれしかった。それを心の支えにして、いまも描いたりしてます」

 そう話してくれたのは女優として、また「創作あーちすと」と名乗り活動する“のん”さん。

 渋谷GALLERY X BY PARCOで「‘のん’ひとり展 女の子は牙をむく」を開催しているのだ(4月19日〜5月8日)。

 壁面には大小さまざまな絵画作品がところ狭しと掛かっている。抽象的な図柄のもの、荒々しく感情をぶつけるような激しい絵、少女漫画風とさまざまなタッチが使い分けられていて、ひとりが手がけたものとは思えないほど。

 床にはドレスを着たままひっくり返っている人体のオブジェや、巨大化したハムスター。これらも彼女の作品だ。天井からは本人デザインの衣装が吊り下がる。頭に浮かんだものすべてに、片っ端からかたちを与えていったら、いつしかこんなことになっていた……。そう言わんばかりの多彩さと、にぎやかさ。

「やりたいこと、やりたいだけ、やる!
わたしは、そう決めているので。自由にやっているところを、みなさんに見てもらいたい。わたしが好きなことに好きなだけ挑戦している姿を見た人が、
わたしも! 
と思って、何かを始めてくれたりしたらいい。そうすると、
何か伝わった! 
という気がしてうれしいです」

と、のんさんは言う。これだけ弾け切ることって、できそうでできない。

 アートの定義というのはいろいろ考えられるけれど、ひとつには、
「だれかの強い意思のもとでつくられたなにものか」と言っていいと思う。

 その定義に沿って考えてみれば、のんさんの創作は、最上質のアートワークだ。

遠近法なんて、関係ない

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fukudadesuga |美をさがすのが人生で唯一の目的である|山内宏泰|cakes(ケイクス) https://t.co/JhLzC0aH7x 1年以上前 replyretweetfavorite

honyarakasan 「アキちゃん」として能年玲奈が魅せた「子供力」を開花させる「大人力」を'のん'は身につけていると思う。 https://t.co/2s1yDe2BYi |山内宏泰 @reading_photo |美をさがすのが人生で唯一の目的である 1年以上前 replyretweetfavorite

mato1216 「半分、青い。」の楡野鈴愛とオーバーラップしてしまうのは偶然ではないはず。 https://t.co/xtOzDBBI1C https://t.co/xtOzDBBI1C 1年以上前 replyretweetfavorite

HU_kame3 #のん #能年玲奈 #のんひとり展 #のん牙展 #女の子は牙をむく #創作あーちすと 1年以上前 replyretweetfavorite