ミックス。

第6回 ミックスって……男女混合ダブルス?

都会で失恋し、実家に帰ってきた元・天才卓球少女の多満子は、地元でさえない日々を送っていたが、テレビに映るかつての恋人を見て一念発起!再びラケットを握った。
話題の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の脚本家、古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオ!


47 同・多満子の部屋(夜)

多満子、携帯で話しながら写真を見ている。

かつてミックス部門で優勝したときのもの。その時のパートナー、和明(7)。精悍な少年。

和明の声「懐かしいなあ、多満ちゃんとミックスを組んで県で優勝したの、もう20年前かあ」

多満子「私たち最高のペアだったよね!カズ君、今、市役所に勤めてるんでしょ?私さ、クラブでコーチ始めたんだ」

和明の声「多満ちゃんがいるなら僕もまたやってみようかな、すっかり運動不足だし」

多満子「ありがとう!で……ついでに相談があるんだけどね」


48 フラワー卓球クラブ(日変わり)

多満子、一同を集合させている。

多満子「クラブの経営が厳しいのは察してますよね?はっきり言います、このままでは閉鎖しなければなりません」

一同「……(動揺)」

多満子「どうにかして会員を増やさないと」

美佳「……チラシ配ったりはしたけど、なかなかね」

多満子「クラブをアピールするには方法は一つ。結果を出すことです。……みんな、全日本に出ません?」

一同「……(きょとん)」

元信「……何に出るって?」

多満子「全日本卓球選手権!」

一同「……(顔を見合い、冗談と解して苦笑し合う)」

多満子「笑うとこじゃありません。予選は連盟に登録すれば誰でも出られる。活躍すれば大アピールできる!」

元信「……多満子さん、どうやら私たちを買い被りすぎているようだね。私の通算成績は0勝35敗。自慢じゃないが、負けてもまったく悔しくない」

多満子「秘策があります。エントリーをミックスに絞るの」

一同「……」

美佳「ミックスって……男女混合ダブルス?」

優馬「(思わず)そ、そうか……!ミックスはエントリーが少ないから競争率が低いし、シングルスの前哨戦くらいに考えてる選手も多い。何より、ミックスを専門に練習してる選手はいないだろうから……」

多満子「あと1か月、ミックスだけを徹底的に鍛えれば戦える」

一同「……」

弥生「お嬢……それ最高のアイディア!クラブを救うにはそれしかないよ!みんな、やってみよう!」

元信、美佳、優馬、戸惑いながらもうなずき合う。

一人、輪から外れて聞いていた萩原。

萩原「……悪いけど、俺はそういうの……」

多満子「無理強いするつもりはないので、出たい人だけでいい。じゃペア決めましょう。弥生さんはカットマン同士、優馬君と。落合さんはご夫婦ペアね」

弥生「お嬢は?」

多満子「私の相手は、もう来る頃」

ガラッと戸を開けて誰かが来た。

和明「多満ちゃん」

多満子「ご紹介します!かつて当クラブ、男子の絶対的エースだった誰!」

和明、かつての面影もない太りよう。

和明「(ぜえぜえ)和明。ここまで歩いて来たら、膝やっちゃって……ちょっとこれダメかもしれない……病院行くわ」

和明、膝を押さえながら去って行った。

多満子「……」

萩原と目が合う。

萩原「……」

多満子「ペアを組み直しましょう!」

弥生は優馬と、元信は美佳とぐっと腕を組む。

多満子・萩原「……」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません