第5回 「お客さんの言いなりの商品」は売れない? — 顧客絶対主義の落とし穴 — (後編) 

6月10日に『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。

 本日の与田スクールのテーマは、「今、ベールを脱ぐ、お客様の要望に100%応える画期的新商品〈スーパー現場の会計〉!」という派手なタイトルだ。久美はもう30分以上話し続けていた。

—ということで、本日ご紹介したのは、お手元のリストにある100件以上のお客さんのご要望にすべてお応えした、画期的な新商品〈スーパー現場の会計〉です」
 与田はあくびをかみ殺しながら、面白くなさそうに聞いていた。久美は与田を無視して続ける。
「みなさんが知らない、生のお客さんのご要望に応えた商品です。成功間違いなしです。以上です」

 久美のプレゼンが終わったのを見届けると、与田がさっそく質問した。
「〈画期的新商品〉とかいうお話って、それだけですか?」
「そうですよ。お客さんの要望やそれに対応する機能、開発スケジュール、コスト、価格も説明したとおりです」
 心の中で、(アンタ、眠そうにしていたけど、ちゃんと聞いていたんでしょうね)とツッコミを入れる久美。
「では質問です。この新商品、どんなお客さんを対象にしているのですか? そのお客さんはなんで困っていて、この商品はどう応えてくれるのですか? そして、今回強化するとおっしゃる機能って、その機能があればお客さんが絶対に買いたくなるものなのでしょうか?」
「はあ。やっぱり私の話、聞いていなかったんですね」
 久美は(心底がっかりしたわ)という感じで肩を落とした。しかし、すぐに気を取り直したのか、勝ち誇ったように言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
100円のコーラを1000円で売る方法

永井孝尚

6月8日に40万部突破のビジネスストーリー本『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。 そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。勝気な主人公・宮前久美と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません