月でも太陽でもない、女は風

竜平の通夜に参加したユウカは、葬儀の手伝いをしながら、アキとつれづれな話をすることに。

通夜に参加しながら、ユウカは人の一生の不思議さに思いを馳せていた。人はただ、生まれて死んでいくだけなのに、なぜこんなに悲しいんだろう。

さっき、アキと台所ですれちがったら、目に涙をまた浮かべていた。

初めてここにやってきた日に、3人で一緒に焼きそばを食べた広いリビングは、ソファなどは取り払われて、座布団とインスタントの畳が敷き詰められている。

そして、中央に祭壇が作られて、そこには竜平さんの遺影と亡骸が安置されていた。

通夜には想像通り、大勢の人がやってきていた。

親族、仕事で関わりのあった人たち、昔からの仲間、竜平さんの交友関係の幅広さをうかがわせた。ユウカは受付を手伝うことになり、庭先に簡単な机と椅子を置き、次から次へとやってくる人たちの対応に追われていた。

葬儀屋からもらった名前の記帳用ノートはすでに半分以上埋まっており、このままいくと次の一冊が必要かもしれない。

「百鳥ユウカさん、ちょっと……」

葬儀屋の人か竜平さんの会社の人かわからないけど、通夜を取り仕切ってくれている50代の男性からフルネームで声をかけられた。

ちょうど受付もひと段落したところだったので、話を聞くと「中であなたのことを亜希さんが呼んでます」ということだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません