話が長くなりがちな人の共通点

「伝えたいことがうまくまとまらない」「ついつい長話をしてしまう」「自分の印象をよく見せたい」その悩み、すべて「20秒」で話せば解決します! 短く、わかりやすい話にまとめる秘訣を、書籍『20秒で自分の魅力を伝える方法』より、ミス・ユニバース・ジャパンビューティーキャンプ講師の佐藤まみさんが解説します。

原稿がないから話が長くなる

「話上手な人=ペラペラと話せる人」というイメージがあるかもしれませんが、よどみなく長く話せても、その内容が相手に伝わるようにまとめられていなければ意味がありません。

一見、ペラペラと話せているようでも、話しているうちに結局何が言いたいのかわからなくなったり、話の着地点を見失ったりする人をよく見かけます。結局、そういう人の話は無駄に長くなりがちで、聞き手に「いったい何を伝えたいのかわからない」という印象を与えてしまうのです。

話が長くなる人に共通しているのは、事前に原稿をつくっていない、ということです。話す前に原稿をつくっていれば、言いたいことと、言わなくてもいいことをはっきりさせることができるので、途中で脱線することもありません。原稿がないから話がまとまらず長くなり、結局、言いたいことが伝わりません。また、話しているうちに「こんな話もあった」とアイデアが浮かんできて、どんどん話が長くなってしまいます。

プレゼンやスピーチなど、自分の言いたいことを伝えなければならないシーンでは、事前に原稿をつくることをおすすめします。一言一句つくる時間がなければ、せめて箇条書きで、何を話すかは明確にしておきましょう。

原稿をつくらない人の特徴は2つ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
20秒で自分の魅力を伝える方法

佐藤まみ

「伝えたいことがうまくまとまらない」「ついつい長話をしてしまう」「自分の印象をよく見せたい」その悩み、すべて「20秒」で話せば解決します! 世界を代表するミスコンテスト・ミス・ユニバースの出場者の話し方を劇的に変えてきた話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

Chizthiz 勉強になります。Qt 2年以上前 replyretweetfavorite