ライバル会社の社長の正体は、意外な人物だった……

【過去の夢⑦】
サーバーの事故で「ネオTV」が繋がらない時に乗じて、「Yume-TV」が入れ替わるようにランキングを上げ始めた。その後も、どんどんと人気は上がり、いつの間にか両社の順位は入れ替わっていた。そんな「Yume-TV」の社長とは……
<WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!>


イラスト:堀越ジェシーありさ



 加藤が会社に戻った時には、やはり配信サーバーの問題であると原因は判明していた。しかし、連休明けでないと復旧の見通しが立たない状況らしい。
 普段なら休みであっても、トラブルがあればすぐ対応できるようになっているはずだが、偶然にもほとんどのスタッフが海外出張中らしく、経験の浅いスタッフしか日本に残っていなかったのだ。

 今日のライブの生配信も含め、連休中はネオTVと連携した様々なイベントが行われる予定であったのだが、それらが全て無駄になってしまう。
 これだけ長い時間不具合が生じると、スポンサーからの信頼も得られなくなる。今日出演するアーティストにとっても、彼らのツアーファイナルにケチをつけたような形になってしまう。

 まるで様々な不運が重なり合ったとしか思えない事件だった。さらにその夜には大手ニュースサイトで、ネオTVのサーバーダウンと報じられ、世の中に悪い印象を残す羽目になった。

 そしてその二日後、アプリのランキングに異変が起きた。観ることができない期間にダウンロードする物好きは少ないだろう、当然ネオTVは圏外へと落ちていった。しかし、異変はネオTVの下落ではない。先週までずっとランキング圏外だったYume-TVが突然上位にランクインし出したのだった。

「何が起こっている⁉」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!

この連載について

初回を読む
夢工場ラムレス

河邉徹

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の 〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません