ずっとLINEでつながってたいのに、もう会えないならブロックしかないじゃん

仙台で同じ高校に通っていた美由紀(17)と水野(17)。東京に水野が引っ越すのを機に、気持ちを打ち明け付き合うようになってから、放課後はずっとLINEでつながったままの日々。遠距離恋愛なんて、スマホがあれば楽勝だと思っていた二人ですが、ほんのすこしのすれ違いで心は離れてしまうのでした。
LINEで、SNSで、出会い系アプリで。いま恋のリアルは、スマホの向こう側に広がっています。かつてなく加速してからまりつづける男女の運命は、どこに向かうのでしょうか。

#美由紀 #17歳 #高校生 #スマホ越しでもずっとずっとつながってたい

「美由紀、おまえおせーよ」

「ごめんってー。体育館の片付けに時間かかっちゃって」

 スマホの向こうで待ちくたびれた水野に謝りながら、私はスマホをクッションに斜めに立てかけてセットする。
 学校から帰って夕飯をすませた後、こうしてLINEのビデオ通話をつけっぱなしにして過ごすのが、水野が東京に転校して以来2ヶ月続く私たちの日課だった。

 私はベッドに突っ伏すと、同じように寝転がる水野を見つめて、今日のできごとを話し出した。

「それでクラスマッチの決勝戦ね、結局負けちゃって二位止まりだったんだ」

「なんだよ。他のバスケ部はどーなってんだよ」

 私が愚痴ると、元バスケ部の水野は待ってましたとばかりに乗ってくる。

「みんながんばってたけど、全然点が決まらなくて。残り30分は地獄やったわ」

「やっぱり俺がいないとだめやなぁ」

 その自信たっぷりな言い方は、出会った中学のときから変わらない。
 懐かしくて思わず笑ってしまった。

「ね、そっちの学校はどうなの?」

「相変わらずだよ。さすがにこんなに中途半端な時期に入っちゃねえ。クラスも多いし、受験前だから俺が転校してきたくらいみんな気づかないんじゃないの」

 この質問をするたび、水野がキャラに似合わず弱気なことを言うもんだから、私はいつもなんて答えるべきか悩んでしまう。

「それより、せっかく顔が見れるのにちっとも脱いでくれないの?」

「バカ。なに言ってんの」

 私が適当にあしらうと、水野は頭をかいて「つまんねーな」と笑いながらつぶやいた。
 LINEは時々回線が遅くなって、水野の顔がぶれたまま静止する。
 映像が止まるたびに、今の私たちはスマホがないと顔を見ることさえできないんだと痛感させられる

 水野とは中学で同じ体育委員になって以来、ずっと仲がよかった。
 高校も一緒になれてうれしかったのに、いつも男友達みたいにふざけてばかりだったから、ようやくお互いの気持ちを伝えられたのは転校が決まった終業式だった。
 クラスのみんなは遠距離恋愛なんてうまくいかないって言うけど、私たちはこうして顔を見て話せる限りきっと大丈夫、だと思っていた。

 でも3ヶ月も経たないうちに、水野からの連絡は途絶えがちになってしまった。

#水野 #17歳 #高校生 #美由紀が寂しいことくらいわかってるのに

「水野はさ、彼女っているの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
#ワン・モア・ライク! #ワン・モア・チャンス? #マッチングアプリで恋をして

大塚美和

LINEで、SNSで、出会い系アプリで。いま恋のリアルは、スマホの向こう側に広がっています。かつてなく加速してからまりつづける男女の運命は、どこに向かうのでしょうか。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mame623 あっ、いい話…少女マンガ…> 約1年前 replyretweetfavorite

miwa_otsuka めっちゃ遅くなりましたが、本日第4話が公開されました!LINE通話でやり取りする高校生の遠距離カップルです。『 約1年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite