俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

都内のビーチ。六本木唯一の水着キャバで感じる“熱い夏”

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 盟友・スギナミが去り、40代のオッサン記者はテポドンと俺の2人となった……。

 たしかに30代の頃と違って、夜遊びのペースは半減してしまった。それは体力の衰えもあるが、やはり気力だろう。女のコのいる店での、キャストたちとの年齢のギャップはいかんともしがたく、会話もどうも手探りかつ及び腰。万が一盛り上がって、連絡先交換をしようとも、LINEの登録に手間取り、嘲笑の眼差しを向けられる。何を書いてよいかわからずスタンプ乱打はいつしか「未読」となる、負のスパイラル……。

 そうとなると花より実をとるのが中年というもの。夜遊びガイドのO氏もそんなオッサンの“弱気”を心得ている。

春なのにそこは常夏、六本木にビーチ出現

 O氏と足を運んだのは六本木・東京ミッドタウンの真ん前。「水着キャスト在籍!」と書かれた看板がオヤジ心をくすぐる。そう、万が一会話が弾まなければ、「見るだけ」でも楽しめるはずだ。

「いらっしゃいませ~!」

 20~30人も入れば満卓となろうか、程よい小箱に、水着の女のコがわんさかいるではないか!

右からまりあちゃん、杏奈ちゃん、さりなちゃん。堂々とした立ち居振る舞いだが、最初の頃は水着姿が恥ずかしかったとも

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード