オフィスハック

コンサル野郎がうさんくさい

現代の時代劇!? サラリーマン必読のセキュリティ教材!? 絶賛発売中のスパイアクション小説『オフィスハック』より第1話「ONDO社の社内調整」を連載!◆2018年東京、丸の内。合併をくり返し肥大化した大企業T社では、不正を働く社員が次々と誕生していた。人事部特殊部隊「四七ソ」の香田と奥野に、今日も新たな指令がくだる。オフィス内のクソ野郎どもを、スタイリッシュかつアッパーに撃ち殺せ!◆


◆#22◆


「外部コンサルの情報を、室長が欲しいって?」

 おれはまた汗を拭い、息を整えた。そんなオーダーは珍しい。というか、おれが四七ソに入ってからこれまで、室長がそんな指示を出すなんてこと自体が初めてだ。そういや、さっき見回りどもも、サカグチがどうとか言ってた気がする。

『そう、サカグチの机はたぶん14階の営業側。外部の人間だから13階には入れない。ここからの作戦だけど、もうすぐ見回りも帰るはず。そしたら、こいつがONDO事業部にいる姿を、カメラで撮影して送って欲しいんだけど、できるかな』

「ONDOの最終ローンチは?」

『15時。まだ時間がある。それまでの時間で、打てる手を打ってみる。ギリギリまで粘ってからONDOを止めて、三木事業部長を拘束。これが最終目標ね。……そっちはその間、できる限りの情報を集めて。もう最終調整の許可は出てるけど、ツーマンセルじゃたぶん手に負えない。敵が多すぎるからね。今はとにかく潜伏して、情報を……』

「解った、やってみ……」

 言いかけたおれの肩を、奥野さんが叩いた。無言で入り口側を指差す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オノ・ナツメさん画のポストカード当たる!書籍ご購入はこちら

オフィスハック

本兌 有,杉 ライカ,オノ・ナツメ
幻冬舎
2018-04-19

この連載について

初回を読む
オフィスハック

ダイハードテイルズ

これぞ日本版キングスマン/会社あるあるが笑える/スカッとする!/早く映像化して! などTwitterで話題のスパイアクション小説『オフィスハック』(著:本兌有・杉ライカ、画:オノ・ナツメ)をリバイバル連載!(あらすじ)「ウチの不祥事が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません