ワインの乾杯を期待していたが、それはワインじゃなくて血だった

小手鞠は額を12針、頬を5針縫い、頬の骨が折れ、頭部は怪傑ゾロのような黒いマスクで固定された。マスクからのぞく右の目は紫色に腫れ上がり、悪人面がさらに怪しくなった。ラスベガスの作戦はわからない。探らねばならないが、試合開始直前である。負傷した小手鞠を連れ、3人は試合会場のロサンゼルス・ステイプラーズセンターへ向かった。アンはキングスとの一戦に挑もうとしている。

*実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

41.ワインの乾杯を期待していたが、それはワインじゃなくて血だった

 ビバリーヒルズ病院はエリザベス・テーラーの若返りやマイケル・ジャクソンの整形手術を行った有名医師がいる病院である。こんな上等な病院、と思ったが空港から近く、日本の健康保険で払い戻しがあるらしい。

「目を剥くような値段にはなりません」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません