自分のお金を減らしてはいけない

お金を稼ぐことの不思議から、金融機関の考え方まで、ある投資家との出会いから、はじめさんの行動力は一気に花開いていきます。

お金の不思議な話というか、ちょっと皆さんに聞いてみたいことがあります。

20万円を100万円に増やすのと、2,000万円を1億円に増やすのでは、どちらが簡単だと思いますか?

多くの人は100万円に増やすことの方が簡単だと思うかもしれません。でもぼくは同じ5倍にするのであれば1億円にする方が簡単だと思います。

単純に他に収入源があって、節約して余ったお金を貯めるだけであれば前者です。80万円を貯めればいいだけなのですから。でも、貯めるではなく、増やす場合は少し話が違ってきます。

これはどういうことか説明すると、、、

お金を稼ぐ(増やす)ための商売というのはだいたいにおいて安く仕入れて高く売るということが根本にあります。なので、500円で仕入れたモノを1,000円で売れば500円の儲けですよね。でも、500円の儲けを10回続けても5,000円にしかなりません。

しかし、500万円のモノを1,000万円で売れば、その1回で500万円の儲けになるのです。10回続ければ5,000万円の儲けになる。

さらに、1回の取引をするためには一定の固定費が発生します。500円の儲けから固定費が差し引かれたら、残りはわずかです。でも500万円の儲けから固定費が差し引かれても、結構残るのではないでしょうか。

同じ10回の労力でも、高価格であればあるほど利ざやは莫大になるのです。

商売では、大ロットでモノを作って細かく利ざやを稼ぐ薄利多売も1つのやり方だし、高価格のモノを作って、莫大な利ざやを稼ぐのも1つのやり方です。でも、大ロットを作るのも高価格のモノを作るのも、最初に資金が必要です。

これが20万円を100万円に増やすより2,000万円を1億円に増やす方が簡単だと感じる理由です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ

どちらかというとダメリーマンの筆者がどうやって1億円を貯めたのか? 意識高く自己研鑽に励み、収入アップをめざす方法ではないやり方で、老後も安心な資産形成をめざす! ユニークで誰にでもできる資産形成方法を次々と発見していく筆者は、マメに...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite