最終回】ホコリがたまりにくい「家具のレイアウト」と「選び方」。

病気の原因となるホコリやカビの正しい掃除法を紹介してきた本連載。では、部屋を「ホコリがたまりにくい状態」にキープするにはどうすれば? 病気と掃除のプロ・松本忠男さんいわく「家具のレイアウト」と「選び方」が重要だそう。たとえば、家具は離して置くよりも「くっつける」。凹凸がある家具より「なめらかな家具を選ぶ」。最終回では、その理由を著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から教えていただきます。

迷路のような家具の配置はホコリを溜めやすい

家の中であちこちに散乱するホコリをいちいち回収してまわるのは、時間と労力がかかりますよね。それよりも、掃除がしやすい場所に自然とホコリが集まってくる部屋をつくり、そこに集まったホコリを回収するほうが、簡単に部屋を衛生的に保つことができます。

それでは、掃除がラクになる部屋の作り方をご説明しましょう。

大前提になるのは、何度もお話ししているとおり 「人や物が動けば、必ず気流が発生する」という法則です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite