TOEIC公式問題集の使い方間違ってませんか?  

帰国子女でも、英語専門家でもない、留学経験もない、二流大出身という春名久史さんが、著書『40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEIC L&Rテストを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法』の新装版発行を記念して、英語勉強法を特別連載。参考書は公式問題集一択!と言い切る春名さん。その使い方にはコツがあるようで……


あなたの公式問題集の使い方は正しいですか?

 私が「TOEICで高得点を取るには公式問題種を使えばいい」と言うと、「なあんだ」という声が聞こえてきそうですね。「公式問題集ならもうすでに使ってるよ」という人も大勢いるでしょう。

 確かに、公式問題集はTOEIC対策としては定番中の定番。マストアイテムとしてほとんどの受験生の本棚に収まっていることでしょう。TOEICに関する勉強法について語られるときには、この公式問題集は必ずといっていいほど登場します。ですからあなたが「公式問題集だって? なにを今さら」とあきれる気持ちもわかります。

 でも、ちょっと待ってください。

 あなたの公式問題集の使い方は正しいですか? きちんと使いこなせてますか?

 問題をちょろっと解いてみて、答え合わせをする。正解だったら「やったー!」と喜び、間違っていたら「うう・・・」と落ち込む。ひょっとしたらこんな使い方をしている人もいるかもしれませんね。

 しかし、こんなやり方では得点アップは難しいでしょう。とても公式問題集を使いこなしているとは言えません。

 普段は別の参考書で勉強していて、試験直前に力試しとして公式問題集を解く、という人もいると思います。これが最もオーソドックスな方法とも言えるでしょう。

 でもちょっと待ってください。試験直前に解いてみて、初めてそこで自分の弱点がわかったとします。けれども試験はもう目の前。自分の弱いところがわかったとしても、今さらもうどうしようもありませんよね。試験直前の力試しで狙い通りの点数が取れればいいですが、残念ながらそうでなかった場合、不安な気持ちで試験本番を迎えなければならないはめになってしまいます。これではとても公式問題集の有効な使い方とは言えません。

 というわけで、私は普段から公式問題集を中心にすえた勉強を推奨します。

 私がそう言うと、「いや、最初から公式問題集を使っちゃうと、本番までに何回も繰り返すことになるから、答えを覚えてしまうじゃないか」と反論する人もいます。

 はい、それでいいんです。公式問題集を何度も繰り返して、試験本番までに覚えてしまってください。というより、公式問題集は意識してしっかり覚えなきゃだめなんです。そして、公式問題集をきっちりマスターしさえすれば、それだけでTOEICでは高得点が取れてしまうんです。

 「バカなことを言うな! 公式問題集だけで高得点取れるわけがない」と言う人もいるかと思いますが、そういう人にかぎってその公式問題集すらこなせていないのが実情です。

 TOEICというのは出題範囲が限定された試験です。そのことは、何度も満点を取る人が大勢いることからも明らかです。

 また、TOEICという試験の特殊性という点もあります。TOEICを自分の英語力を測る尺度として利用している受験者もいると思いますが、この試験は受験者の英語力に見合った点数が取れるように設計された試験でもあります。なぜそんなことが可能なのかというと、極論すれば「毎回同じ試験」だからです。受けるたびに試験の傾向も難易度もコロコロ変わるようでは、正確な英語力を判定することなんて不可能ですから、ある程度の基準があって、試験問題はその基準から外れないように作られているはずなんです。

「出題範囲の限定された試験」

TOEICのこの性質を利用すれば、試験対策に費やす時間は驚くほど少なくてすみます。そしてそのために最も有効な武器となるのが何度も申し上げている公式問題集なのです。

 公式問題集を検討すれば、出題傾向はもちろんのこと、「なにをどこまで勉強すればいいのか」というマックスが見えてきます。試験の主催者が「こんな問題を出しますよ。これだけは絶対にマスターしておいてくださいね。そうすれば高得点をあげますよ」とわざわざ教えてくれているのが公式問題集なのです。これほど対策のたてやすい試験はめったにありません。

 ですのでTOEICを受験することを決めたら、なにはさておき公式問題集の勉強から取り掛かりましょう。もっとも重要なことを後回しにして、他の教材に手を出すなんてありえません。

省エネ勉強法でいこう

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
40歳オーバーでニート状態だったぼくがTOEICでいきなり930点取った勉強法

春名久史

帰国子女でも、英語専門家でもない、留学経験もない、二流大出身、そのうえ40歳オーバーでニート状態だったという春名久史さんが、いきなりTOEIC L&Rテストで930点をとって、人生を劇的に変えた効果絶大な勉強法を大公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 9ヶ月前 replyretweetfavorite