女の中心には、ぽっかりと穴が空いてる

幕田の夢を見たユウカは、気だるい午後を過ごしていた。昨日見た夢の意味を考えてるとき、電話が鳴った。

夢なのか現実なのかわからない一夜を過ごした後、ユウカは気だるい疲労感を抱えて、春の日差しの中、散歩に出ていた。

朝方、池崎がスーツに着替え忙しそうに朝食を済ませ、通勤電車に飛び乗るように出かけてからのユウカは、これまでのことを振り返っていた。

1年前の自分が、まさか横浜市の磯子区に住んでいるなんて想像できただろうか……。

ちょうど1年前は、たしか、大阪の北新地で働いていたはずだ。毎晩、夜の街で繰り広げられる客とホステスとの様々な恋模様に最初は驚いたものの、あっという間にユウカは馴染んでいった。

自分なんてとても無理と思いながらも、なんとかやっていけたのは、当時お世話になっていたアキという女性のおかげだ。

もっともアキに言わせれば、「どんな女でも夜の世界に適性はある、普段はそれを隠しているだけ」と断言するだろうけど。

「結局、あの街で池崎と出会ってるんだよね。不思議だよね、ほんと……」

青い空を眺めながら、そんなことを独り言でつぶやいた時、ポケットに突っ込んでいたスマホがぶるると震えた。

横浜に来てからは、連絡する人間も限られており、めったなことで電話は鳴らないのだが、この時は電話番号の方がユウカを呼んでいた。電話してきた相手は固定電話だった。0797で始まる番号に心当たりはなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません