健診で、「異常なのに正常とされるケース」にも要注意

「けんしん」のエキスパート、大櫛陽一氏によれば、健診では、基準値によって「正常なのに異常とされるケース」が多いが、中には不適切な基準の採用で、「異常なのに正常とされるケース」もあるという。こうなると、健診の基準値はつっこみどころ満載といわざるを得ないということだろうか。

【健康診断の極意2】

異常なのに、正常とされるケースに要注意  大切なのは基準値よりも「経年変化」

前回記事<老いと病を寄せつけない、一生モノの習慣とは?><「健診」で国民の8割が不健康になる?>に続き、健診の真実について大櫛氏にお話を伺った。

大櫛氏曰く、健診では、基準値によって「正常なのに異常とされるケース」が多いが、中には不適切な基準の採用で、「異常なのに正常とされるケース」もあるという。こうなると、健診の基準値はつっこみどころ満載といわざるを得ないということである。

ここまでのところで、現状の法律では、企業は社員に健診を受けさせることを義務づけられている。だが検査で「異常」とされたからといって、必ずしも不健康とは限らないということを、私たちは学ぶことができた。

ここで私たちに必要なのは、検査結果を正しく受けとめる知恵である。たとえば後で述べるが、腹囲85センチでもメタボとはいえないし、BMIは30を超えない限り肥満ではない。他にも同様に、健診の「判定」を鵜呑みにしてはいけないものがある。

LDL(Low Density Lipoprotein)コレステロールや血圧は、少しくらい基準値を超えても、あまり気にしなくて大丈夫です。たった1回、少し基準値を超えただけで下手に精密検査を受けたり薬を飲んだりすると、かえって害のほうが大きいというデータもあります。

それより注目すべきは、経年変化です。たとえば3年連続で、空腹時血糖値や赤血球へのブドウ糖の結合している率を示すヘモグロビンA1cが上がり、基準値から離れていっているとしたら注意が必要ですね」

「また、この二つの検査項目や肝機能の解毒作用に関わる酵素であり、肝臓に異常があると肝臓から血液中に流れ出てくるγ‒GTP(ガンマ‒グルタミルトランスペプチターゼの値)などでは中年男性の基準が採用されていますので、若い女性は早期の異常が見逃されて重症化していることがあります。本来、検査の基準値は性別と年齢で違うのです。また、人種によっても異なる可能性があります」

基準値によって「正常なのに異常とされるケース」が多いが、中には不適切な基準の採用で、「異常なのに正常とされるケース」もあるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

老いと病を寄せつけない一生モノの「結論」

この連載について

初回を読む
最強の健康法 病気にならない最先端科学編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「本当に効果のある、100歳までの健康法とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、 順天堂...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません