第18回 母と父の別れ方 【あるキモい男の出自 ⑥】

今回、AV監督の二村ヒトシさんがテーマにしたのは「お父さんとお母さんの出会いと離婚」について。当時まだ珍しい女性の開業医であった二村さんのお母さんは、赤坂の『ちんぐり』というバーで二村さんのお父さんに出会います。結婚して子供ができた後、すぐ離婚してしまったというお二人に、いったいなにがあったのでしょうか……。

なにしろ家庭における父親の味というものを知らないのだから【父親というものは、こういうものだ】とか【男の子は、父親と、このように戦うのだ】とか、もっと言うと【男とは、こうあるべきものだ】というのが、さっぱりわからない。わからないままでヒトシは大人になって父親になった。

さて、フミエとタカシの【出会い→結婚→ヒトシ誕生→離婚】のあまりのすばやさに唖然とした周囲の人々の一人は、フミエの恩師、すなわちフミエの医学博士号取得論文の指導を担当した慶應大学医学部大脳生理学教室の教授だった。

教授はいまで言うテレビによく出るお医者さん的な人で、現在50歳以上の人の中には子どものころ「頭が良くなるから、もっと料理にアジノモトをふりかけなさい、なんならアジノモトだけぺろぺろ舐めなさい」と親に言われて育った方がいると思うが、そのブームのもとである【グルタミン酸が脳の発達に良い】という説をとなえた人だそうである。

当時まだテレビは白黒だったろうが、ためしてガッテン的な番組がもうあったのであろうか(しかし、いま味の素のHP見たら「舐めても頭は良くなりません!」と公式に否定されていました)。その後は【ビタミンB1を強化した小麦粉で作ったパンを食べると脳の活動に良い】と言って、こちらの説はいまだに支持されており伊藤パンとかフジパンから出ている「頭脳パン」という凄い名前のパンを今でも見ますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nimurahitoshi cakesの連載、今回は母と父の離婚について書きました 05/26 14:00まで無料で読めます。 https://t.co/h36TXCEbjH 5年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki これ、二村ヒトシさん @nimurahitoshi の私小説ですよね。おもしろいです。お母さん、すごいかたです。 5年以上前 replyretweetfavorite

pcrescent 毎回楽しみにしている連載ーーー 5年以上前 replyretweetfavorite

nimurahitoshi 更新されました  5年以上前 replyretweetfavorite