オフィスハック

3Dプリンタ製の拳銃は合法

肥大化し身動き不能となった巨大企業「T社」。社内調整専門部署「四七ソ」の香田と奥野に、今日も新たな社内調整指令がくだる。オフィスの中のクソ野郎どもを、スタイリッシュかつアッパーに撃ち殺せ! テイルゲート! ショルダーサーフ! 禁断のオフィスハック技の数々を正義のために行使せよ! ◆全サラリーマン必読のスパイアクション小説『オフィスハック』より第1話「ONDO社の社内調整」を連載!◆

◆#11◆


 装着が終わると、装備の指差し点検が始まる。おれが最初に指差し役となり、奥野さんは前習え姿勢のまま、90度ずつ右回りに回転してゆく。淡々としたルーチンだが、まあ、やった方がいいのは間違いない。井上のチームは省略していそうだな。奥野さんの装着作業は手慣れたものだ。初めての社内調整の時点で、特にこうした現場作業に関して、おれが教える必要のある事など、正直ほとんど無かった。

 ホルスターに差し込むのは、サイレンサーユニット着脱可能なオートマチック拳銃だ。弾丸は9mmが19発。三点バーストとフルオートの射撃が可能。グロック18Cを素体にアレンジされ、3Dプリンタでプリントアウトされているから合法だ。銃身は合成樹脂製だが、問題なく使用に耐える。T社の敷地内で使う分には、警察機構からお咎めもない。これを一丁ずつ、左右のショルダーホルスターに差し込む。銃口が下だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オノ・ナツメさん画のポストカード当たる!書籍ご購入はこちら

オフィスハック

本兌 有,杉 ライカ,オノ・ナツメ
幻冬舎
2018-04-19

この連載について

初回を読む
オフィスハック

ダイハードテイルズ

これぞ日本版キングスマン/会社あるあるが笑える/スカッとする!/早く映像化して! などTwitterで話題のスパイアクション小説『オフィスハック』(著:本兌有・杉ライカ、画:オノ・ナツメ)をリバイバル連載!(あらすじ)「ウチの不祥事が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iwsmz28 @wavellite 四七ソの調整用拳銃はグロック18Cというものが素体になっているようです。 https://t.co/Q3aE2CneIy 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

0100114 こういう地味な下準備シーン大好き。 そして記事タイトルが挑戦的過ぎる 2年以上前 replyretweetfavorite