鼻息でコミュニケーションする日本の男たち

人と接している時にふっと感じる、小さな小さな違和感。今のその表情は一体……? そのしぐさにはどんな意味が……? ブログ「真顔日記」が人気の上田啓太さんによる、人間観察の記録です。今回は、牛丼屋で隣に座ったサラリーマンの鼻息から、コミュニケーションの違和感について考察していきます。

先日、チェーン系の牛丼屋で食事をしていたときのこと。私は一人でカウンター席に座っていた。隣にはサラリーマンの男が一人で座っていた。しばらくすると、男が私の前のポットを取ろうとした。水をいれたかったんだろう。

「フスッ」

男は、鼻からそんな音を出した。これは単なる息の荒い中年ではなく、意味のある吐息である。牛丼屋のカウンターで人の前にあるポットを取る場合、「フスッ」と言ってから取ることがあるのだ。要するに、この鼻息は「すみません」を意味している。

事実、男が水のポットを取りながら「フスッ」と息を出したとき、私も反射的に「フスッ」と息を出していた。これは、日本語で丁寧に表現するならば、

「すみません、あなたの前のポットを取らせていただきます」 「ええ、どうぞどうぞ」

ということである。それが鼻息と鼻息にまで簡略化されている。そして別にそれを失礼だとは感じない。「フスッ」をそのまま受け入れている。「あなたがいることは認識していますよ」と伝えるための最低限の挨拶になっているんだろう。

たまに丁寧な人がいる。鼻息ですませず、「ちょっとすみません」と言ってくる。牛丼屋のような場所では、これだけでも結構珍しい。手をチョップのように動かしてから取る人もいる。これも鼻息よりは丁寧である。ただ、それでいちいち感心することもない。牛丼屋で男が黙々と牛丼を食べているとき、だれも丁寧さなんかを求めていないからだろう。

もしも隣の席の男にこう言われたら

こうした状況では、むしろ丁寧な言葉で言われたほうが違和感が生まれる。たとえば隣の席の男が私の肩をぽんぽんと叩き、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新しい人間観察

上田啓太

街中ですれ違った人や、牛丼屋で隣り合わせた人、最近知り合った人から長い付き合いの友人まで、誰かを「見て」いる時にふっと感じる、小さな小さな違和感。今のその表情は一体……? そのしぐさにはどんな意味が……? ブログ「真顔日記」が人気の上...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ktkr_etasu フスッもたしかにあるけど、スンッもあるよね。 通りすがりの女によくスンッてされる #スマートニュース 15日前 replyretweetfavorite

yukiomuretsu https://t.co/YzDsYtRJvQ 15日前 replyretweetfavorite

syoujinkankyo  (そうなんだ…すみませんとか牛丼屋さんではあんまり言わないんだ…w) 16日前 replyretweetfavorite