なぜこの国のAVに出てくるのは抵抗できない女性だらけなのか

先日、AVを買ったという牧村さん。観てみると、ぽかーんとしてしまったそうです。牧村さんが「マジで理解できなかった」というシチュエーションとはどんなものだったのでしょうか。そしてそのシチュエーションの裏側に見える「男性の生きづらさ」とは?


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

AVを観たら心配になった。

私は、女で、女が好きだ。おっぱいの大きな女優さんが、かわいいランジェリーを着て、きもちいいことを楽しんでいるのを見ると、「とってもいいわねえ^^」と思う。なので先日、AVを買った。働いて稼いだお金を使ってAVを買った。おっぱいの大きな女優さんが、かわいいランジェリーを着ているパケ写だった。が。

中身が、やばかった。

まず女優さんが男優さんをマッサージし始める。女優さんはマッサージ師、男優さんはお客という設定である。お客は突然、マッサージ師のお尻をつかむ。「あんっやめてください」「俺は客だぞ」。そんなやりとりがあって、女優さん扮するマッサージ師さんはどんどん脱がされていく。「店でこんないやらしいことしているってバレたらお前はクビになるぞ」。

私は思った。

「バラされて困るのは、バラされて恥ずかしいのは、客、ただただお前のほうなのでは……?」

マジで理解できなかった。ぽかーん、って感じだった。いやもちろん、あれをあくまでファンタジー、フィクションとして消費する人が大半だということはわかる。それにしても。視聴中、あのストーリーにこのツッコミを入れるでもなく興奮できる人がどうも現代日本に実在するらしい、ということを思うと、ほんと、異星人の奇祭を収録したドキュメンタリーを見た気分になった。私も現代日本人のはずなんだけれど。

日本のポルノ作品には、抵抗できない女性、という表象がめっちゃ登場するなぁと思う。封じられ方は様々だ。立場の差。数の暴力。借金のカタ。腕力差。酒。薬。物理的拘束。性的に無知であること。女性は性のことを恥じらうはずだという前提。図書館では静かにしましょうというルール。時間を止めるボタンを手に入れた男性主人公……。

いったいなんでなんだろうなあ、って、考えに考えていて思い出したのが高田純次氏のエッセイだった。テキトー男こと高田純次氏のエッセイが私は好きでわりと読んでいるんだけれど、中でも印象に残っているのが「女の子をやっつける」という表現だ。

「女の子をやっつける」って、いったいどういう意味だと思う?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fomifomi0207 日本の男性社会抑圧されすぎ。/ 約1年前 replyretweetfavorite

hagiwararui ほんまになぁ、、、 約1年前 replyretweetfavorite

yamano_nkd この記事を思い出したよ…こういうAVばっかり見てるから、「セクハラしなきゃ生殖できない」みたいなふうに認知が歪んでいくんだろうな。 1年以上前 replyretweetfavorite

torachan55 「ポルノの中の女性が拘束されるのは、現実世界の男性が拘束されているつらさの裏返しなのではないだろうか?」。★ 1年以上前 replyretweetfavorite