Tinderで星野源似のまじめそうな男をLIKEしたらセフレになってた

左右にスワイプするだけの手軽なマッチングアプリTinderで、真面目そうな男性とマッチした派遣OLのノゾミ(28)。実は同棲2年の彼女がいるけれど、物足りなさから出会いを求めるアパレル勤めのリョウタ(31)。付き合いたい、結婚したい、結婚はまだ……、それぞれのちぐはぐな好意が交差します。
LINEで、SNSで、出会い系アプリで。いま恋のリアルは、スマホの向こう側に広がっています。かつてなく加速してからまりつづける男女の運命は、どこに向かうのでしょうか。

#ノゾミ #28歳 #派遣OL #この男の顔が死ぬほど好き

「ノゾミって、小動物みたいだよね」

「それほめてるの?」

「もちろん。ついちょっかい出したくなる」

 リョウタはベッドに寝転んだまま、下着をつける私をまじまじと見つめる。
 恥ずかしくて笑ってしまうと、リョウタは手を伸ばして、愛おしそうに私の頭を撫でつけた。

 リョウタと知り合ったのは、写真を左右にスワイプするだけで気軽に出会えるTinderだった。
 プロフィールの写真は、キレイめの白シャツに鼈甲の丸眼鏡をかけた、私の好みのど真ん中。3つ年上で、アパレル店員、血液型はB型だ。
 でもこういう真面目そうな人って意外とマッチしない。期待を込めて右スワイプでLIKEしたら、うまくマッチングして、思わずテンションがあがってしまった。

 昨日は2回目のデートで、池袋で終電がなくなるまで飲んだ後、とうとう私のアパートにきた。自分の部屋にリョウタがいるのは不思議な感じで、彼のまわりだけが洗練されて、いつもと違って見えた。

「その眼鏡いいよね。そういうの選べるセンスが好き」

「ありがとう。俺、気に入ったモノしか使わない主義だから、ほめられるとうれしい」

 リョウタはそう言って私を抱き寄せると、まるで自分のお気に入りみたいにキスをした。

 リョウタが朝方帰った後、彼が働くアパレルショップのInstagramから、個人のアカウントを探し当てた。
 そこには公園やカフェで撮ったオシャレな写真に混ざって、自宅もアップされていた。家具や食器にもこだわってるんだなと、何気なく気になった食卓の写真をスワイプしたら、テーブルの反対側に女性が写りこんでいるのを見つけた。
 他にも探してみると、彼女らしき女の写真は何枚も紛れこんでいた。

 その人は黒髪のショートカットで、背は低く、リョウタと同じ丸眼鏡をかけていた。
 いかにも穏やかで、いい人そう。
 だけど、決してかわいいとは言えない。というか、絶対私のほうがイケてる。

 モヤモヤした気持ちを充満させながら、そういえば昨日の夜、どれだけ待ってもリョウタから付き合おうって言われなかった事実を、今になって強く意識してしまうのだった。

#リョウタ #31歳 #アパレル #彼女のことは好きだけど欲情はしない

「おかえり。朝まで飲んでたの?」

「いや、友達が具合悪くなっちゃってさ。家まで送ってきた」

 玄関で靴を脱いでいると、カナコがリビングから顔を出した。
 紺色のシンプルなワンピースは彼女が働くブランドの新作で、デザインはすごくいいんだけど、膨みすぎたシルエットからは色気の欠片も感じられない。

「それは大変だったね。大丈夫だったの?」

「ああ。水飲ませたから平気だよ」

「……よかった。じゃあ、私、もう行くからゆっくり寝なね」

 カナコは慌ただしく身支度をして家を出た。
 食卓にはラップをかけた朝食が用意されていて、俺はそれを見ないふりして浴室に向かう。カナコが出て行くと、家の中は静かになった。

 同棲してから、丸2年が経つ。
 同じ会社の別ブランドで働く3つ年上のカナコとは、合同の飲み会で知り合って、すぐに付き合い始めた。半年経たないうちに同棲を始めて、今ではよくも悪くも、すっかり家族みたいだった。

 毎日働きながら家事までこなす彼女のことを尊敬しているし、決して感情を荒立てないところが、好きだった。
 けれど、ここしばらくセックスの回数はめっきり減った。
 時々手をつないだり、抱きしめたりしても、まるで自分の肌に触れているみたいになにも感じない。

「今度、いつ会えるかな?」

 ノゾミからLINEが届いていた。
 顔はかわいいし、適度にノリがよくて話しやすい。

 マッチングアプリで知り合う女の子は、お互い出会い目的だから、浮気しても罪悪感が少ない。

 あとで返事しようと思って、未読にしたままシャワーを浴びた。

#ノゾミ #彼女のことがバカみたい #リョウタは私のほうが合ってるのに

 仕事中も暇さえあれば、リョウタのInstagramをのぞくのが癖になってしまった。

 リョウタのフォロワーから彼女と似たアイコンを探して、昨日ついにアカウントを突き止めた。
 名前は「kanako0517」と書いてある。
 メインは料理の写真で、構図はリョウタがアップした写真とほとんど同じ、真上から2人分の料理を撮ったものだった。手のこんだキーマカレーからサンドイッチまで、写真は毎日更新されていて、リョウタが私の家から朝帰りした日も変わらずアップされていた。

「バカみたい」

 思わず口に出して、慌ててまわりを見回した。
 コメント欄には、彼女の友達から「おいしそう」とか「今度レシピ教えて!」とか書かれていて、それが余計に惨めさを誘った。
 写真の中では、どこから見ても同棲カップルの幸せな日常風景に見える。
 なのに、彼氏が若い女と浮気中なんて。惨めだ。いったい私と彼女、どっちが惨めなんだろう。

 スマホが震えて、LINEが届く。

「今夜、空いてる?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
#ワン・モア・ライク! #ワン・モア・チャンス? #マッチングアプリで恋をして

大塚美和

LINEで、SNSで、出会い系アプリで。いま恋のリアルは、スマホの向こう側に広がっています。かつてなく加速してからまりつづける男女の運命は、どこに向かうのでしょうか。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zukamiho まじめそう、って見た目も ニコニコ優しい、って入り込みやすさも 私達しあわせです、アピールも そうしないといけない理由があるわけさ。 続編楽しみ📍 https://t.co/sWlX10lSwU 4ヶ月前 replyretweetfavorite

taniryu 僕の中で(ゲスさが)話題のマッチングアプリ小説、Tinderにフィールドが移った…ターゲットはPairsだけではなかった…(星野源似って真面目そうなのか…?) https://t.co/hIWELgdoUU 4ヶ月前 replyretweetfavorite

miwa_otsuka 連載第3話「 4ヶ月前 replyretweetfavorite