毎日の掃除は「集めたゴミの量」を基準にするとキレイが保てる

家の掃除は「どこを」「どのくらいの時間かけて」キレイにするか、を自分の基準にしている人が多いのではないでしょうか。しかし、『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』の著者・松本忠男さんは「集めたゴミの量」を基準にすることが、効率よく確実に掃除をする秘訣だと言います。人の動線によって、特に汚れる場所は念入りに、そうでない場所はサッとすませる。忙しい毎日でもキレイを保てる方法を教えていただきました。

基準づくりでストレスフリーな掃除を目指す

長年、病院や介護施設の清掃に携わるなかで、私がもっともこだわってきたことがあります。それは、「どこまでやったらいいのか?」という基準をつくることです。

どこの現場でも、複数名いる清掃スタッフの能力に個人差が出てしまうのは仕方のないことです。それをカバーして、常に一定の質の清掃サービスを提供するために、これは非常に重要なものでした。

実はこの「基準づくり」は、家庭の掃除においても役立てることができます。きれいな部屋を保つための基本は、毎日少しでもよいので、汚れが溜まった場所から汚れを取り去っていくことです。

しかし、忙しい日々が続くと掃除に手が回らず、日一日と、部屋の隅に溜まっていく汚れを見て見ぬふりをしながら悶々とやり過ごしてしまったり、逆にどんなに忙しくても一通りきれいにしなければ気がすまず、イライラしながら時間をかけて掃除をこなしてしまったり……。

これでは、ストレスになるばかりで、掃除をするのが嫌になってしまいますね。

そこで、前回の「汚れの色」でもお話ししましたとおり、自分のなかで「ここまでやればOK」という、病気になりにくい部屋が保たれる範囲で一番低い基準をつくり、そこをクリアしていくようにするのです。そうすることで、部屋の衛生面だけでなく、精神衛生的にも常にいい状態で、必要な掃除をルーティン化することができます。

集めたホコリの量で掃除の成果を実感する

どこまでやるかの基準、つまり「掃除のゴール」は、何を目安にするかがポイントです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3ヶ月前 replyretweetfavorite