お金があるからお金を増やせる、その事実を認識することが大事

はじめさんにとって、1億円までお金を増やせた理由の第一は、最初の投資の成功にあります。それを踏まえて次にどのような一歩をすすめるかが大事とはじめさんは説きます。

気がつけばこの連載も第15話になりました。早いものです。

さて、この連載でぼくが最初にお伝えしたことを覚えている人はどのくらいいるでしょうか?

ぼくはこの連載で、ぼくと同じように給料が増えずにお金の悩み抱えている人に少しでも人生をいい方向に変えてほしくて連載を始めました。

しかし、どうでしょう。

この連載を読んで、ぼくと同じことが出来ると感じている人は、あまり多くないかもしれません。

すみません。ぼくの力不足です……。

節約にしたって、投資にしたって、「こんなの無理だよ」「この人にしかできないよ」と諦めずに、思ってる人も大勢いるかもしれませんが、もう少しだけお付き合いいただければ嬉しい限りです。

今までぼくがお伝えして内容を少し振り返ってみたいと思います。

1、 大学時代に億万長者になる方法を発見する

2、 就職後、大阪にて会社の独身寮で社会人生活をスタートさせる

3、 節約を徹底し、毎月10万円で生活する
Attention! 証券口座を開設する(毎月10万円分全世界に分散する投資信託の商品を購入する(し続ける)

4、 家賃交渉した上で、大阪市の賃貸物件に引越す

5、 リーマンショックの影響で、運用成績はどんどん落ちていく
Attention! 5年間で積み立てた700万円が550万円まで減る

6、 転勤を機に、遠距離恋愛していた彼女と結婚して横浜に引越す(会社の家賃補助制度を利用)

7、 アベノミクスによって、6年間で積み立てた800万円が2200万円まで増える。
これまでの投資信託の購入分を現金化して、自分の口座の残高を見てウハウハする(笑)(そして、さらに投資金額を毎月20万円に増やして、全世界に分散する投資信託の商品を購入することを始める)

8、 ウハウハだった人生から一転、交通事故に逢い、生命の縁をさまよう。

9、 人生の迷走モードに突入し、様々な投資に手を出しては失敗を繰り返す(この時期に節約結婚式をあげました)

10、 会社の退職を余儀なくされ、会社の家賃補助が受けられなくなったので千葉県我孫子市の実家に引越し、ぼくの親と夫婦揃って同居する

11、 職業訓練校に通っている間、友人から1冊の本を紹介される

12、 住居費を節約したい一心で不動産投資を学ぶ

13、 再就職する

14、 品川に不動産投資の知識を使ってマイホームを購入する

15、 品川のマイホームを売却する

さて、いかがでしょうか? 実はぼくが億万長者になった理由の根本は、最初の投資信託購入部分に詰まっています。連載では1話から4話くらいまでの内容です。そこから先は『約10年間』で1億円を貯めたぼくの個人的な話です。

そして今でも、30年で1億円を目指すなら『この方法』こそが多くの人にとって一番確率が高い方法だと思っています。

じゃあ、5話以降の話は単なる自慢話なのか、といったらそうではないです。知って欲しいのは、ぼくが最初に2200万円まで増やさなければ、その後に起きる事(事故を別にして)やこれからお伝えすることは、起きてはいないということです。うだうだ迷走したことだって、その元手がなければできなかったことです。迷走したことは、結果的には今の自分のためになっていると思っています。

お金はあるから……増やすことができます。ないと増やすことができません。当たり前の事実ですが、そのように思うのです。ぼくは投資信託を続けながら、様々な方法でお金を増やしてきましたが、それは2200万円というお金があったからこそ出来たことだと思っています。もし、今の知識や経験を持ったまま、所持金100万円の大学時代に戻ったとしても、やはり投資信託の積立運用から始めるでしょう。100万円から爆発的にお金を増やす方法は今のぼくでもわからないし、コツコツ節約と投資信託の積立運用を続けることが一番確実だと信じて疑わないからです。

ある人には、こう言われたこともあります。

『理論的には確かに1億円溜まりそうだけど、ちょっと続けられない。30年先は長過ぎるよ。はじめちゃんみたいに忍耐強く節約を続けられる人ならいいけど、もっと早く出来る方法はないの?』

この要望に答えるために、ぼくは5話以降も連載を続けてきました。そして一部の人は気づいていると思いますが、ここまで綴ってきた内容だけだと、ぼくの資産はまだまだ1億円には到底たどり着きません。

なぜ、今は1億円に手が届きそうなのか? 不思議に思う人もいるかもしれません。それはある人との運命的な出会いがぼくの億万長者までの道のりを劇的に変えたのですが、それを伝えるのは次回にしたいと思います。

(つづく)

この連載について

初回を読む
33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ

どちらかというとダメリーマンの筆者がどうやって1億円を貯めたのか? 意識高く自己研鑽に励み、収入アップをめざす方法ではないやり方で、老後も安心な資産形成をめざす! ユニークで誰にでもできる資産形成方法を次々と発見していく筆者は、マメに...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2日前 replyretweetfavorite