酸味がうまみを引き立てる「ポークソテー&ポテト」![第18回]

ポルトガル料理をベースに、簡単なレシピで、ビックリするくらいのおいしさが詰まっているバダさんのレシピ連載。今回のポイントは、ワインビネガー。料理好きじゃないと、ちょっと敬遠しがちな調味料ですが、実はものすごく料理のおいしさを際立たせてくれる便利なアイテムなんです。騙されたと思って、このワインビネガーを使ったレシピ一度試してみてください!

みなさんこんにちは!

初夏の風が気持ちいい、
過ごしやすい毎日ですね。
もうすっかりTシャツライフでしょうか。

女性の立場では、
日々のサンダル率が高まったら、
もう初夏とみなせるような気がします。
私もこの頃はほぼサンダル+デニムか
サンダル+ワンピース。
初夏の解放感を足元から感じて、
気分はすっかり夏で心もアクティブモード。
となると食欲も沸いてきて、
あー、肉食べたい! って思うこと、増えません?
やたらと焼き肉を食べに行きたくなったりしませんか?

仕事終わりなら、
冷たい生ビール&焼き肉、もしくは焼き鳥、
休日なら、公園やキャンプ場で缶ビール&BBQが
私の肉ライフの理想ですが、
平日夜の家ごはんでも肉はちゃんと楽しめます。
しかも家ごはんなら、安い!

自分で作るなら豚か鶏料理が多い私ですが、
より“肉食べた感”が強いのは豚かなあ。
ということで、今日はビールやワインにも合う
「ポルトガル風ポークソテー&ポテト」をご紹介します。
はい、こちらです。

一見、とくに変わった様子のないポークソテー。
だから、
どこがポルトガル風なのか気になりますよね。
それはずばり、ワインビネガー使いです。

ワインビネガーは名のごとくワインからできた酢。
フランス語でワインビネガーはVinaigreですが、
分解すると「酸っぱい(aigre)ワイン(Vin)」です。

おや、いまどこからかつぶやきが聞こえてきました。
「ワインビネガーって何? 普通の米酢しかないけど、ダメ?」
そうですよね、
料理好きでもない限りなかなか買わないですよね、ワインビネガー。
ちょっと気取った酢、みたいなイメージ?

結論から言うとですね、
ワインビネガーと米酢は風味が全く違います。
たとえば、お米からつくられる日本酒とぶどうからつくられるワインは、
同じお酒でも味わいや香りがかなり違いますよね。
酢も同じなんです。

今回は、ポークソテーとカリッと焼いたポテトに
ワインに含まれるぶどう独特の“うま味”を
これでもかとプラスしたい。
ですからお手持ちの酢ではなく、
できればぜひワインビネガーの小瓶を1本買っていただきたい!

私の場合、近所の「オオゼキ」というスーパーで売っている
ペルシュロンというフランス産の白ワインビネガーをよく使います。
なんでこれかというととくにこだわりではなく、
「オオゼキ」さんのワインビネガーの定番銘柄だから。
250mlで300円台。
そんなに高くないでしょう?

余談ですが、新潟の「カーブドッチ」
というワイナリーで作るワインビネガー、
これはすごく印象に残っています。
濃くてワインの風味も豊かで、サラダはもちろん、煮たり焼いたりと
料理にもじゃんじゃん使っていました。
もしもこのワイナリーを訪ねることがあったら
(通販していればいいのですが、Amazonでは現在扱っていないみたい)
ぜひ試して欲しいです。

ちなみにワインビネガーの種類は、赤、白、シャンパンなどがあります。
ほかにもシェリー酒のビネガーや、
ビールやウイスキーの原料でもある麦芽で作られるモルトビネガー、
りんごやラズベリーなどの果実のビネガーもあります。
キリがないのでビネガー話はこの辺にしておきますが、
今回は白ワインビネガーを使います。

さて、ワインのおいしい国に行くと、
当然ワインビネガーもおいしいし種類も豊富。
土地ごとに風味の違うワインビネガーがあり、
もちろん料理にもたくさん使われています。
日本でも米酢は和食に欠かせないのと一緒ですね。

そしてポルトガル料理もワインビネガー使いが巧み。
サラダなどで直接ふりかけるほか、
煮ものや焼きもの、揚げものにスープの隠し味など、
いろんな使い方がされています。

ワインビネガーは加熱すると
酸味が穏やかになりワインのうまみが凝縮して
おいしいソースに早変わりするから、
一度使うとやめられません。

そうそう、
私はポルトガルを取材中に、
ワインビネガーに衝撃を受けたことがありました。

ホームステイ先のマリアおばさんに習ったじゃがいものビネガー炒め
「batatas aquecidas(バタータシュ・アケシーダシュ)」を食べたとき。

じゃがいもがたくさん取れるマリアさんの田舎の料理で、
オリーブ油で素揚げしたじゃがいもに、
むせかえるほどたっぷりの白ワインビネガーを加えてさっとからめ、
別に作った目玉焼きの黄身をソース代わりにして
じゃがいもに絡めながら食べるというもの。

うま味に変わったビネガーで
じゃがいもがいくつでも食べられるし、ワインも進む。
目玉焼きの黄身のソースのまろやかさもピッタリでした。

今回の「ポルトガル風ポークソテー&ポテト」は、
このマリアおばさんのじゃがいものワインビネガー炒めをベースに、
作りやすいレシピを考えました。

では早速作っていきましょう、
材料はこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

droit_francais 作った。むちゃくちゃ時間かかったしジャガイモもほんの少し「ガリッ」とした食感が残ってしまったけど、それでもおいしくできた。 https://t.co/eXZu4vUqir 2年以上前 replyretweetfavorite

ohta_tomoaki ビールに鉄板→“@beer_can_jp: ” 約3年前 replyretweetfavorite

yotaropg 2回目の挑戦。・・・ちょうおいしい。豚の甘みとワインビネガーの 約4年前 replyretweetfavorite

fukayatsu これ作るかな > 【第18回】 約4年前 replyretweetfavorite