潜入捜査の小手鞠、血に染まって帰ってきた

ラズベガスはやはり一筋縄ではいかない。スマイルジャパンとキングスの試合をコントロールするネタを探り出していた。伊織とイワサキ会長はアメリカへ。カジノ王が差し向けたプライベートジェット機はガルフストリームV型、最新鋭モデル。通常の旅客機よりずっと上、高度12,000メートルを巡航飛行する。さあ、やってやろう。しかし空港で出迎えた小手鞠はひどい怪我をしていた。

*実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

40.小切手をお願いします。二百万ドルでいかがですか?

 イワサキ君、さすが血を受け継ぐ者。たいしたものである。坂本龍馬も岩崎弥太郎も、戦争は主義や理念でなく資金や兵糧だと看破し、行動に表すことで名を成した。プロレスラーだってキンタマを握られたら動けない。今もってミツホシ戦術の根幹理念だ。

「おそれ入谷の鬼子母神です。さすが、血は受け継ぐものですな」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません