旬の素材を存分に活かした「シンプルたけのこご飯」

2週間のポルトガル取材旅行から戻った馬田草織さんですが、帰国一発目にご紹介するレシピは、なんとたけのこご飯。和食の魅力が詰まったこの料理で、日本に生まれた幸せを噛み締めてください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

2週間のポルトガル取材から戻ってきました。今回は中部や東北部のディープな地域が中心。地方で祭りのパンを焼くところを手伝わせてもらったり、地元の懇親会にお邪魔して郷土料理を味わったり。ポルトガルで唯一、雪が残る山頂までいったり、自然公園の切り立った崖のそばで、羊飼いと羊の群れに遭遇したり、チーズ工房やワイナリーを直撃取材したり。濃密な14日間でした。ポルトガルの正月とも言えるパシュコア(イースター)では、友人家族のテーブルにお邪魔して賑やかな1日を過ごしました。たっぷりの肉料理と食べきれないお菓子がテーブルに並び、ポルトガルの食文化にどっぷり浸かり、ワインもたっぷり浴びました。お菓子も毎食後のデザートがあり得ないぐらいのボリュームなので、2週間で1年分ぐらいの甘みを蓄えた気がします。

そして、帰って食べる久しぶりの和食。やっぱりいいもんです。朝、ふわっと香るみそ汁をひと口飲んで、納豆にはしらすをたっぷり入れてこれでもかとかき混ぜて、白いご飯にオン。いつもの日常をしみじみと実感。唯一無二です。改めて客観的に考えると、和食の面白いところは、味の深みに油脂を必要としないこと。これだけさっぱりしたものなのに、うま味が濃いということはすごいこと。あらためて、和食最高!

この連載も、ポルトガル料理のエッセンスも入れつつ、ときにはポルトガルのワインにいかに和食を合わせるか、そんなこともご提案していきたいと思います。まずは旬の素材ありきで、あとは気ままに。

4月の最初はたけのこです。煮物や焼き物もいいんだけど、やっぱりまずはたけのこご飯が食べたい。茹でたたけのこの風味を生かすように、だしは昆布を入れるだけ。また、米にもち麦を加えると、ぷちぷちした食感が楽しめます。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「シンプルたけのこご飯」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません