やらない理由

人に金は貸したくないが、貸せる金もないのはもっと嫌【No.46】

多くの人が嫌がる、人にお金を貸すという行為ですが、これまでの人生で一度も「お金を貸して」と相談されたことがない場合、誰からも頼られない=寂しいと感じてしまう人もいるようです。貸したくはないが、頼られもしないのはなんか……。これから先の人生でもしこんなモヤモヤしたジレンマに悩まされる日がきたら、カレー沢先生のこのコラムを思い出してください。書籍『やらない理由』も好評発売中!

今回のテーマは「人に金は貸したくないが、貸せる金もないのはもっと嫌」だ。

いいじゃないか、人に貸すための金などなくて。まず貸す金がないと、悩まなくていい。金があるから「貸すか貸さざるか」の選択を迫られるのであって、貸すものがなければ選択の余地すらない。

ここで、自分が借りてまで人に貸すというのであれば、釈迦、もしくはバカであり、また別のステージの話だ。そんな性格では、今世は辛いことだらけだろう。しかしそれだけ徳を積めば、来世はマヌルネコとかになれるはずなので、悲観せずクソのような現世を走り抜けて欲しい。

そもそも、金がなかったら「金貸して」と言われることすら少ない。借りる側だって、貸してくれそうな奴、つまり金に余裕がありそうな奴を選んで借りにいくはずだ。いかにも金がなさそうな自分に借りに来た、という場合は、もはや「闇金ウシジマくん」にも断られるレベルなので、貸すのは絶対やめた方がいい。渡すとしたら「香典」という意味でだ。

また金を持っていそうでも、相手が竹内力(「ミナミの帝王」ver.)みたいだったら、金を借りようとは思わないだろう。つまり、金を持ってそうかつ、借りやすい、人が良さそう、面倒見が良さそうな奴のところに行くのである、むしろ、持ってなさそうでも人が良い奴なら貸してくれそう、と思って行くかもしれない。つまり良い意味でも悪い意味でも人望があるタイプである。

逆に、金を持っていそうでも「ケチ」「冷たい」「6時間ぐらい説教をされて結局貸してくれなさそう」「ド直球に体を要求してきそう」というイメージを持たれていたら借りに来る人間は少ないはずだ。

これをテーマに当てはめると「人が金を借りに来るのは嫌だが、人望がないのはもっと嫌」 となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この時代を生き抜くサバイバルブック!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

silverqueenand 最初にコケる展開からマジ真理卍にもってくるカレー沢先生の真骨頂。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

gue5_u5 『大事な人が金を借りにきた時、貸す金がないことを嘆くより、絶対他にできることがあると思う。』ヘッドシェイクした。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

ezoshika_dr 頷きすぎて首もげて転がり落ちるところだった。この首は剥製にしてください。 8ヶ月前 replyretweetfavorite