第3章 自分らしいリーダーシップを発揮するコツ(2/3)

チームの成績や成果を大きく左右する、メンバーたちのパフォーマンス。このパフォーマンスが落ちてしまったとき、どうすれば個々が疲弊せずに回復できるのか? また、それをどうやって維持していくのか? 全員が無理なく頑張れる「1.1」思考と、心がくじけそうなときに効く魔法の言葉も紹介!

「あとちょっとだけ頑張る」のすごいパワー

チームの原動力は、そこに属するメンバーから生まれます。
それぞれがどれだけパフォーマンスを発揮できるかでチームの推進力も変わってくるので、目標値をどこに置くかは重要なポイントですよね。
わざわざ低く設定することはないと思いますが、やたら高すぎるのも考えもの。
「今の2倍、頑張って!」
いきなりそう言われたら、多くの人が「そんなの無理!」と思うはずです。抵抗な く受け止められるのは、自分の能力にかなりの自信がある人でしょう。
では、目標値はどこに設定すべきなのでしょうか?
僕が提案したいのは、こちら。
みんなでちょっとずつ頑張る、「1.1」という考え方です。
人は、常に「1.0」のパフォーマンスを発揮できるわけではありません。 仕事の難易度や得意・不得意、コンディション、作業時間、チームワーク、テンションなど、さまざまな要因によって変動しています。その上で、
「1割増し」の状態を「1.1」
「1割減」の状態を「0.9」
としたときに、各自が「1割増し」になる努力をする。
これが、「1.1」を目指すということなのです。「1.1」で得られるパフォーマンスは微々たるものに感じるかもしれませんが、毎日を「1.1」の状態で過ごすのと「0.9」の状態で過ごすのでは、 日後にはどれ程の差が出るのでしょうか。 「1.1」の 乗は、約 。 「0.9」の 乗は、約0.042。

その差はなんと、約405倍にもなります。
もちろんこれは、あくまで数式上での話。 日間ずっと「1.1」を繰り返し成長することも、「0・9」を繰り返すことも実際にはないと思います。
ですが、メンバー全員が「1.1」を目指しているチームと、「0.9」でいること に慣れてしまっているチームでは、推進力に差が生まれるのは明らかですよね。
『宇宙兄弟』の六太は、自分を「1.1」な状態にするのがとても上手なタイプ。
「2.0」になれることはほとんどないし、ときには「0.9」や「0.6」にまで下 がることもあるけれど、なんだかんだで「1.1」を達成しています。また、自分が「1.1」だと認識しているので、周囲に「2.0」を求めるようなことはしません。

読者が六太に共感したり、安心感を抱いたりするのは、この「1.1」感による部分も大きいと思います。
カリスマ性の高い優秀なリーダーは「2.0」以上であることが多いので、周囲にも同じパフォーマンスを望みます。
たとえ相手が「0.9」の状態でも容赦なし!ましてや「5.0」くらいの鉄人リーダーになると、“せめて「2.0」くらいはできるだろう?”と妥協しているつもりなので、ハードルの高さにも気づかないのです。いわゆる「無茶ぶり」というやつです。
確かに、「2.0」のパフォーマンスはチームにとって大きな力になります。鉄人の彼らが3人で回せるものを、「1.1」のメンバーならば6人必要ですから。
でも、「2.0」って続きません。それに周囲もしんどい。
ブースターにはなるので、ここぞというときに「2.0」を目指すのは、とても効果的だと思います。そこからチームを継続的に走らせたいのなら、「1.1」モードに シフトチェンジをするのがいいでしょう。
すぐに結果は出ないかもしれませんが、仲間の数が増えれば「1.1」のままスピ ードアップすることも可能です。
「2.0」や「5.0」といった魔法のような力を求めるより、「1.1」の状態であり続けること。
これを実行しているチームは、安定した速度で、安定したパフォーマンスを生み出すことができるようになります。

「2.0」を目指すのは厳しいけれど、「1.1」なら頑張れそう!

まずは、メンバー全員がこの意識を持つことから始めてみましょう。
「1.1」を繰り返しクリアしていくことで、その人のパフォーマンスが底上げされ、 結果的に当初の「2.0」のラインを上回ることだってできるはずです。

〜心のノート〜
自分も「1・1」、チームも「1・1」を目指せば、 メンバー全員がずっと心地よく頑張れる!


心がくじけそうなときに浮上できる、魔法の言葉

仕事でミスをした!
企画会議でダメ出しされた。
上司から厳しい叱責を受けた。
ノルマが達成できそうにない......。
僕たちに降りかかる、日々のこうした出来事。気分が落ち込んだり、自信をなくしてしまったり......。誰だって、「0.9」になってしまいますよね。
でも大丈夫。
「0・9」のときにパワーが湧いてくる、魔法の言葉があります。ポジティブな人は自然と唱えて実践している、その言葉とは —。
「それはちょうどいい」です。
先輩や上司に聞かれたら「ふざけているのか!」と怒られてしまいそうですが、重要なポイントは、このあとに「じゃあ、〇〇をしよう」と付け加えること。
どんな「0.9」の出来事も、いったん事態を受け入れてから、解決の方法を考える。 できれば声に出して言うことで、「ちょうどいいんだ」と考えることも受容しやすくなります。

仕事でミスをした!
「それはちょうどいい。この機会に、自分の仕事のやり方を見直してみよう」
企画会議でダメ出しされた。
「それはちょうどいい。懸念材料をなくして、企画をより魅力的なものにしよう」
上司から厳しい叱責を受けた。
「それはちょうどいい。同じようなトラブルを起こさないよう、上司や仲間とのコミュニケーション量を増やして、指示の意図をつかめるようにしておこう」

単純過ぎて信じられないかもしれませんが、ちゃんと効果はあります。トラブル時の対処がうまい人というのは、口に出していないだけで、同じような思考を持っていることが多いのです。 ちなみに、『宇宙兄弟』のエピソードの中でも、「それはちょうどいい」と同じような魔法の力を持った、とても素敵な言葉が登場しています。

「It's a piece of cake」

これは、シャロンがかつて六太に教えた言葉で、「楽勝だよ!」を意味します。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に侵され、言葉や体の自由を失いながらも、六太や日々人を見守っているシャロン。彼女の悲願である月面天文台の建設を自らの手で叶えるため、六太はハードな飛行訓練も「 It's a piece of cake」と声に出して挑みました。

「0.9」になってはいけない。ならないようにしよう。
そんなふうに考える必要はありませんし、避けられるものでもないですよね。
「0.9」になったときに、気持ちを切り替えるための方法を知っていれば、恐れることもなくなります。 しんどいときこそ、「それはちょうどいい」と、声に出してみましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。

長尾彰 /小山宙哉

カリスマ的な存在感もなく、リーダーとは無縁のタイプ。でもなぜか“彼”がいると、物事がうまくいく……。累計2000万部を誇る人気コミック『宇宙兄弟』に登場するキャラクターや数々のエピソードを、「リーダー」という視点から考察した書籍『宇宙...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

maumi_ishibashi 読みたい本増えた! 2年以上前 replyretweetfavorite

ikb 『しんどいときこそ、「それはちょうどいい」と、声に出してみましょう!』 どうしようもなく… https://t.co/8YhppY85Qu 2年以上前 replyretweetfavorite