​左手の薬指で女性の体に触れる

男女がすれ違ってしまうことはさまざまありますが、その中でも顕著なのが「セックス」にまつわるもの。すっぱだかで全てをさらけ出しあっているのに、どうしてもすれ違ってしまいます。今回はそんな悲しい事故が起きないよう、林伸次さんが女性からたくさんの本音を聞いてきてくれました。

なぜ「左手の薬指」なのか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最初から本当に下品な話で申し訳ないのですが、こういうことって実はすごく大切なことなので勇気を出して書きます。先日、あるすごくモテる男性からこんな話を聞きました。彼、女性の体をさわるとき、左手の薬指でさわるって決めているそうなんです。若い頃、男性向けの雑誌のそういう特集で、「左手の薬指を使え」って書いてあったそうなんですね。それを読んで以来、ずっと守り続けているそうです。

さて、なぜ「左手の薬指」なのでしょうか。結論を言えば、利き手ではない左手の薬指だと力がそんなに入らなくて、それがちょうどいいソフトタッチになるからだそうです。そもそも薬指って、薬や軟膏をぬるときに、そんなに力が入らないからちょうどいい指だから、薬指になったらしいんですね。まあとにかく、特に女性の一番デリケートな部分を左の手の薬指でさわると、女性にとっては心地よく感じるのだそうです。

この話を女性に言うと、ほとんどの方が「それは正しい! その通り!」って仰います。はい、女性のみなさん、とにかく男性が乱暴にしてくるのが嫌いなんです。もちろん僕たち男性も、乱暴に接しているつもりではないんですよね。でも力が入ってしまうんです。利き手の右手の人差し指ではダメなんですね。そこのあなたも今日からぜひ、左手の薬指を使ってください。

そんな話をいろんな女性に聞いてみると、やっぱり男性にされた嫌なこと、多いみたいです。まず「私、爪が長い人とはセックスはしません」と断言する方がいました。そうですか。そうですよね。いろいろと傷つけたりする可能性がありますからね。「え、この男、爪が長い」と思ったら一気に萎えると言ってました。男性の方、今すぐその場で爪を切りましょう。

あと、有名なのは「キスの時は舌はダラ~っと」してください。あの、舌をとがらせて、女性の口の中をごそごそする男性いますよね。「そんな歯磨きじゃないんだから」だそうです。舌はダラ~っとしてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp いやーでもちゃんと伝える事なんじゃないんすかねえ。察す... "さて、女性は意外と男性のことを見抜いているようですが、「どうい..." https://t.co/dCNwUFGOHK https://t.co/L0arf6GMhl #drip_app 5ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa 今日アップしたcakes、久しぶりに狙ったセックスネタなのですが、まだそんなに伸びてないです。やっぱりこういうのシェアしにくいですよね。 https://t.co/LkTOKdBf8I というわけで今日もお店で待ってます。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

aina_xzy 左手の薬指で女性の体に触れる|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 ですってよ。無料期間中に是非読んでみてください。(月額もそんなに高くないけれど) https://t.co/Zbk7QBWlVK 5ヶ月前 replyretweetfavorite

nazenazeboy 左手の薬指で女性の体に触れる| 5ヶ月前 replyretweetfavorite