世界のあらゆることにコメントできるテレビのコメンテーターの不思議

テレビのニュース番組やワイドショーでは、アナウンサーの隣に、コメンテーターが並んで様々な話題に対して意見を述べていることが多いです。なぜ、明らかに専門以外のことにもコメントを求められる、コメンテーターがいるのでしょうか。芸能人からゆるキャラまで、どんなイメージの人・キャラが言うかによって、同じことでも、説得力が大きく変化するという事実について、考えます。

言うことに説得力がある場合には、大きく2つのパターンがあります。ひとつは、言っている内容が説得的な場合です。もうひとつは、説得力がある人が語る場合です。今日は、後者について考えましょう。前者については、次回考えます。

テレビのニュースショーやワイドショーを見ていると、政治、犯罪、貧困、スキャンダル、ゴミ屋敷、手抜き家事のコツ、健康法などなど、毎日、実にいろんなことが報じられてます。こうした番組では、アナウンサーの横に、それぞれの出来事について一言コメントする人が座っています。弁護士とか、大学教授とか、医者とか、脳科学者とか、○○評論家とかいった人たちです。

こうした人たちの中でも端的に一言コメントが言える上手い人は、いろんな番組に出るようになります。そうすると不思議なことが起こります。最初は、自分の専門分野についてのコメントをします。例えば離婚裁判に強い弁護士が、芸能人の離婚騒動にコメントをするといった塩梅です。しかし、テレビに出続けると、オリンピック選手の化粧についてとか、桜の開花予想とか、花粉症とか、電車の遅延とか、自分の専門に関係ないことにまでコメントをするようになります。いつの間にか、世の中のあらゆる出来事についてコメントするようになるのです。

これってよく考えたら不思議ですよね。その弁護士は、桜の専門家ではありません。その人のコメントって、別にわたしたち一般人が思いつくことの域を超えていません。しかしこうした人たちは、短い言葉で断定的にコメントをすることもあり、もっともらしく聞こえるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません